ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲレンデを彩る冬の花火がロマンチック!大満足間違いなしの夫婦スノボ旅

新しいことを覚えるのは、いつだって楽しい。
山頂付近からの景色

山頂からの景色も最高でございました

レストラン「ボーセジュール」で大人ディナー

スノボを満喫したあとは、お待ちかねの晩ご飯。苗場プリンスホテルは「ひとつの街か?」と思うほど広大で、ホテル・スキー場を合わせると約30店舗のいろんな飲食店が並んでいて迷う。

吟味した結果、今回は「メインダイニングルーム ボーセジュール」という雰囲気のいいフレンチレストランの、クリスマスディナーを予約しました。バシッと大人なディナーをキメましょう。
ディナーメニューは季節によって変わるそうなので、予約前に確認を!

越後産のワイン
越後産のワインで乾杯

まずは越後産のワインで乾杯

お食事前のひと口前菜 フォアグラのポワレ シュークリーム仕立て チョコレートソース 金目鯛のポワレ 粉雪に見立てたりんご風味の軽い泡のソース

お料理はどれも美しく、味付けに一切の妥協がないクオリティでした。特に脂の乗った金目鯛とシードルのソースの相性は感動レベル。絶対また食べに来たい。
クリスマス仕様の付け合わせ野菜

クリスマス仕様の付け合わせのお野菜がかわいい

カクテルラウンジ シャトレーヌ

ちなみに食後のデザートは、スタッフの方にお願いすればボーセジュールの隣にある「カクテルラウンジ シャトレーヌ」に移動して、ゆったり頂くこともできます。ゲレンデに面した大きな窓や暖炉があったりする素敵空間。
カクテルラウンジ シャトレーヌの暖炉

「カクテルラウンジ シャトレーヌ」暖炉のある席

苗場の冬。ゲレンデ打上げ花火!

さて食後は、いよいよ今回の目玉イベント。

ここ苗場スキー場ではなんと、ゲレンデから花火が上がります。「ゲレンデ打上げ花火」は2019年は3月31日までの土曜日を中心に行われ、打上げの時刻は20時45分ごろ。ぜひコートを羽織って、外に出て眺めましょう。花火の打上げ時間はトータル5分ぐらい。寒さにも十分耐えられる、ちょうどいい長さのプログラムです。

ゲレンデに打上がる花火
ゲレンデに打上がる花火

最後の大きな花火が終わったあと、宿泊客から歓声と拍手が送られました

2人で白い息を吐きながら見上げる打上げ花火は、なかなか胸にくるものがありました。初めての体験でしたが、冬の花火いいですね。

今年一番記憶に残る時間だったかもしれません。

部屋からゲレンデを一望!

充実した1日を終えて、お部屋へ。苗場プリンスホテルはゲレンデ直結。くたくたの体で、移動を挟むことなく、すぐにお部屋に戻ってゆっくりできる立地最高。
フェイスパック中の筆者

前のページ 1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。