ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超簡単レシピ】トルコの絶品とろとろスクランブルエッグ「メネメン」

トマトたっぷりのとろとろスクランブルエッグ
トマトのとろとろスクランブルエッグ「メネメン」。トルコの伝統的な卵料理で、家庭や食堂でもおなじみの朝食メニューのひとつです。1皿で野菜がたっぷりとれるのもうれしいポイントです。今回は、日本のご家庭でも気軽に作れるレシピをご紹介します。

日本人の口に合うと評判の「メネメン」

日本人ファンも多い、トルコの卵料理「メネメン」
メネメンは、玉ねぎや青唐辛子に汁気たっぷりのトマトを加え、卵を加えて仕上げるトルコスタイルのスパイシーなスクランブルエッグです。ジューシーなトマトソースをまとった、ふんわりトロトロのスクランブルエッグは日本人ファンも多いのだとか! 

皮はサクサク、中はふわふわのトルコスタイルのバゲットなど、トルコのパン「エキメッキ」を添えていただきます。

メネメンのレシピ

国内では手に入りにくい甘みのあるフルーティーな青唐辛子は、唐辛子フレークまたはカイエンヌペッパーで代用。スパイシーに仕上げましょう。

【材料】(2人分)
オリーブオイル・・・大さじ2〜3
玉ねぎ・・・小1コ
カットトマト缶・・・1缶(400g)
卵・・・4コ
塩、唐辛子フレーク・・・適宜

【作り方】
1. フライパンにオリーブオイルを入れて、中火にかける。オイルが温まったら、粗みじん切りにした玉ねぎを加えて炒める。
2. 玉ねぎがしんなりしてきたら、トマト缶を加えて3分ほど煮込む。塩、唐辛子フレークを加えて味を調える。溶き卵を回し入れ、触らずそのままに。1分ほどしたら木べらで優しく混ぜ、卵に完全に火が入らないうちに火を止めれば出来上がり。

※あればパセリを散らすと、彩りも美しく仕上がります。トルコ風に、とろりとしたスクランブルエッグにパンを浸しながらいただきましょう! 

フライパンごとテーブルへ

メネメンはフライパンごとサーブ
フライパンごとサーブするのが本場のスタイル。トマトと馴染んだとろ〜りやわらかなスクランブルエッグは、極上のおいしさ! オリーブを添えると、より一層トルコっぽい雰囲気になりますよ。

メネメンは、仕上げにチーズを加えても美味。こちらはぜひ、トーストにのせて召し上がってみてください。

エキゾチックな卵料理では、中東や北アフリカで広く親しまれている卵料理「シャクシュカ」もオススメですよ! 詳しい作り方は「これからの新定番!海外で話題沸騰中の朝ごはん『シャクシュカ』」をどうぞ。

レシピ制作:sweetsholic
[All photos by sweetsholic]

Please do not use the images without permission.
【超簡単レシピ】トルコの絶品とろとろスクランブルエッグ「メネメン」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。