ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【プラモ】戦艦大和の艦橋のみをクローズアップ、12月25日に発売!

【プラモ】戦艦大和の艦橋のみをクローズアップ、12月25日に発売!


日本海軍が建造した世界最大の「戦艦大和型」。その戦闘指揮中枢である「艦橋」部分をインジェクションキット化!
1/200というビックスケールで12月25日のクリスマスに発売されることが決定した。当初は12月中旬を予定していたがフジミ模型が25日と発表。これまで予約受付分は、25日より発送となる。
とにかく本物にこだわって近づけた今作は、昭和20年の最終形態をモチーフ。色は艦NEXTシリーズで好評を得ている「呉海軍工廠色」を模した灰色を採用している。

また、武蔵海底探査で形状が明らかになった伝令所を、当時の大和も同様に装備されていたと推定され設置。防空指揮所の前縁も、武蔵海底調査で明らかになった覆いを再現。

13ミリ連装機銃設置のブルーワークは、射界確保のためリップ部を撤去し高さが低くなった姿を部品化、信号所甲板と3/4番探照灯管制器の間には実物で最小10センチの隙間があり、モデル化に際しても間隙を再現するなど細部にこだわる。
・第一艦橋は外観および組み立てると隠れる内部構造まで再現。

部品点数190点。基本設計は、接着剤がなくとも簡単に組み立てられる「スナップフィット」を採用しているが、防空指揮所の覆いなど接着が必要なボーナスパーツも収録。
1/200で忠実に再現した大和の艦橋、いつまでも眺めていたくなる逸品だ。2018年3月に発売した「九四式46センチ3連装主砲塔」と並べてみるのも良いだろう。完成サイズは左右舷幅92mm 前後長さ87mm 高さ176mmとなっている。

2018年3月に発売された「九四式46センチ3連装主砲塔」


関連記事リンク(外部サイト)

国産プラモ誕生から60年「第58回 全日本模型ホビーショー」が更に拡大し9月29、30日開催
【グッズ】「コウペンちゃん×岩下の新生姜」コラボぬいぐるみが誕生、秋葉原の和style.cafeでも発売=1月16日より
【フィギュア】ミルク色のとろけそうな肌に重厚感ある銃、『ドルフロ』スオミが1/7スケールで登場!

1UP情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき