ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

悪役令嬢の歴史・ルーツを、漫画やゲームから考察してみた。(青猫文具旅)

悪役令嬢の歴史・ルーツを、漫画やゲームから考察してみた。

今回は三森さんのブログ『青猫文具旅』からご寄稿いただきました。

悪役令嬢の歴史・ルーツを、漫画やゲームから考察してみた。(青猫文具旅)

小説家になろうの月間ランキングでは長らく「悪役令嬢モノ」がブーム。いつの間にやら大流行り、書籍化作も読み切れないほど出てきて、女性向け恋愛モノとしては一大ジャンルになりました。

悪役令嬢モノというのは「前世でプレイした”乙女ゲーム”or愛読していた”少女マンガ”の世界に転生した主人公が、自分は”ヒロインをいじめる悪役”のポジションだと気がつき、シナリオで予定されたバットエンドを回避するため東奔西走する」系ジャンル。

それ以前、女性向けでは「乙女ゲーム世界に脇役(モブ)転生して傍観生活」がブームでしたが(詳しくはなろう女性向けのブーム変遷*1 )、大分能動的になった印象です。傍観系脇役だとやはりストーリー展開しづらいんですかねー。

*1:「小説家になろう女性向けのブーム変遷を考察してみた。」『青猫文具旅』
https://www.bungunote.com/entry/20150217/1424108109

悪役令嬢モノは、既定の物語に干渉して運命を捩じ曲げる、カタルシス的な要素が読者にウケた気がします。局地的に流行った「ざまぁ」展開(実は腹黒な良い子ちゃんヒロインに陥れられた、悪役ポジションの主人公がヒロインの化けの皮を剥いで「ざまぁwww」と笑う展開)とか、カタルシスを生むお手本のような流れでしたし。

悪役令嬢モノの有名どころとしては、やることなすこと悪い方向に解釈される伯爵令嬢が主人公の「悪役令嬢後宮物語」(ただしこれは転生ではない)や、

「悪役令嬢後宮物語 (アリアンローズ)」『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486134638X/hatena-blog-22/

乙女ゲームの悪役に転生した少女が、ゲームシナリオの悲劇が起こらないようフラグ回避を試みる「ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです」などが書籍化。

「ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです 1 (アリアンローズ)」『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RV1MGTO/hatena-blog-22/

その後も悪役令嬢モノの書籍化は続き、すでに両手の指では足りない数の悪役令嬢モノが商業作品として世に出ています。

それで、悪役令嬢モノ。これほど流行ると、ランキングで見かけるたび「悪役令嬢のネタ元、ルーツって何だっけ?」と疑問が頭をよぎるので、悪役令嬢の歴史・ルーツを、漫画やゲームから考察したのがこの記事です。

ちなみに、小説家になろう内の悪役令嬢ものブーム変遷について考察した記事はこちら(「悪役令嬢モノ」のブーム変遷*2 )。

*2:「小説家になろう「悪役令嬢モノ」のブーム変遷を考察してみた。」『青猫文具旅』
https://www.bungunote.com/entry/20160514/1463187600

 

そもそも悪役令嬢って何?

まずは定義から。悪役令嬢は、ヒロインの成長を促したり、ヒロインに対する読者の同情を誘ったりするための敵役、ライバル役です。要素としては、

1.相手を服従させる権力を持つ(例:王族や政治家といった権力者。貴族、富豪の娘といった金持ち)
2.相手を納得させる権威を持つ(例:王族、貴族の血筋といった身分・階級。ヒーローの婚約者、何らかジャンルの実力者、学園モノなら生徒会役員といった地位)
3.ヒーローに恋してるand/orヒロインを嫌ってる。
4.展開によって「ヒロインの無二の親友」or「ヒロインの永遠のライバル」or「退場(社会的な死)」の3つのルートが存在。小説になろうでは退場が多く、これを回避するために悪役令嬢が奔走

4のメタ思考(お約束)は横に置くとしても、1はヒロインを苛めても周囲に制止されないくらいの権力がないと話にならないですし、2は悪役令嬢たるもの取り巻き、腰巾着くらいいないと悪の華として見栄えがしません。3のヒロインを苛める理由がないと、苛め自体発生しませんし。そう、悪役令嬢は、陰日向とヒロインを苛めないといけないのです。

ドラマで例えると典型的なのが「家なき子2」の木崎絵里花(役:榎本加奈子)。一条財閥のお嬢様で、黒髪ストレートのぶりっ子系、ヒーローに恋してヒロインを嫌い、最後はヒロインの友人に下剋上されて退場します。

史実では、令嬢でなく王妃ですが、フランス国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットでしょうか。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」の台詞は、いかにも悪女っぽい。ラストがギロチン処刑というのも、小説家になろうの悪役令嬢への影響は大きそうです。ただ、フランス革命下という時代背景的に連想される「ベルサイユのばら」(池田理代子)(1972年)では、アントワネットはむしろヒロインポジションにいます。

お伽噺や童話なら、やはり「シンデレラ」でしょうか。父を亡くし、継母と異母姉に虐められつつも健気に生き、魔法使いの手を借りて舞踏会で王子様に見初められるシンデレラストーリーの原点ですが、この異母姉も悪役令嬢的に書かれることが多い印象。あとは、父の死により苦境に立たされるものの持ち前の心優しさで味方を増やしていく「小公女セーラ」とか。成金お嬢様ラビニアの虐めっぷりや、強欲なミンチン院長の末路に対するざまぁっぷりはいかにも。名作劇場としてアニメにもなってますしね。

アニメつながりで、お嬢様で連想されがちな「アタックNo.1」(浦野千賀子)(1968年)の早川みどりや「エースをねらえ!」(山本鈴美香)(1973年)のお蝶夫人、「ガラスの仮面」(美内すずえ)(1976年)の亜弓さんみたいな人たちは、ヒロインと衝突はしつつも苛めてはないので、ただのお嬢様ライバルキャラです。…見た目的影響はあるかも知れませんが。たてロールの髪型とか、ツリ目がちの整った顔立ちとか、ですわ口調とか。取り巻きも多いですしね。

 

少女マンガの悪役令嬢を探します。

悪役令嬢のイメージをなんとなく掴んだところで、少女漫画の悪役令嬢を探していきます。

60年代

ヒロインを苛めるお嬢様、というと、古くは60年代から。

「ガラスの城 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)」『amazon.co.jp』
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LTK2U3K/hatena-blog-22/

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき