ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LUMIXデジカメが大幅機能アップする裏ファーム

LUMIXデジカメが大幅機能アップする裏ファーム

パナソニックのミラーレスカメラ「LUMIX」といえば、動画撮影に最適なカメラとして有名です。現在では4K・HDR撮影が可能な高機能タイプも登場していますが、非常に高価で中古でも手を出しづらいのが現状。そこで、裏ファーム「PTool」を使い、安価で購入できる旧製品を大幅にアップグレードさせましょう。

LUMIXのファームウェア書き換え

パナソニックのLUMIXは公式ファームウェアを書き換えることで、1920×1080のフルHD画質で、さらにビットレートやフレームレートを変更し映画のような迫力のある映像が撮れるようになります。対象となるミラーレスの型番は「DMC-G1/G2/GF1/GF2/GF3/GH1/GH2」です。

LUMIXを機能アップする裏ファームウェア導入の手順は、まず「PERSONAL VIEW」にアクセスして「FAQs」のタブ内にある「PTool Software」をクリック。「PTool firmware manipulation tool」から「Ptool3d.zip」をダウンロードします。

続いて、パナソニックの公式サイトから機種に対応した公式ファームウェアを入手します。公式ファームウェア「G××_V〇〇.zip」の××は対応機種、〇〇はファームウェアバージョンの数字です。今回はGF3で行ったので「GF3_V12.zip」となります。

LUMIXファームウェアで高画質化

解凍するとbinファイルが生成。GF3用なので「GF3_V12.bin」となります。「Ptool3d.zip」を解凍したら起動。左下の「Load Firmware」を選択し、先ほど
解凍したbinファイルを読み込ませるのです。すると、設定できる項目が表示されるので変更したい項目を選んで変更させます。

今回は映像の圧縮比を調整し、より高画質化を図ってみました。PToolの緑色の数字、左側がオリジナルの数値(1600000)で、右側が変更後に設定される数値(32000000)。16Mビット圧縮を2倍の32Mビット圧縮にします。

SDカードをカメラ本体でフォーマットしたら、root直下にbinファイルをコピー。本体に入れ、電源を入れて再生ボタンを押すとカスタムファームウェアのバージョンアップが始まるというわけです。実際に圧縮比を調整したLUMIXで撮影してみると、濡れた路面の質感がよりリアルになっていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy