ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小松菜奈殿、ご乱心?!努力バッサリカットに「ショック」

美女優の小松菜奈殿が、イギリス人監督に公開物申す! 

それは21日に都内で行われた、映画『サムライマラソン』(2月22日公開)完成披露イベントでのこと。佐藤健、森山未來、染谷将太さん、青木崇高さん、竹中直人さん、小関裕太さん、木幡竜さん、バーナード・ローズ監督も参加しましたゾ。 

撮影の約1ヶ月前から殺陣のトレーニングを行っていたという、頑張り屋さんの小松殿。しかしバーナード監督は現場でのパッション&ひらめき重視の演出スタイルじゃ。ゆえに小松殿は「あんなに練習したのに、殺陣のシーンは現場でバッサリとカット。シンプルなシーンになって良かったけれど…でもショックでした」と努力水の泡にガックリ。

すると佐藤は「めちゃくちゃ練習していたよね?」と小松殿の努力を労う一方で「でもそれは段取りだから!監督が望んでいるのはホンモノだから!もはや本当に殺せ!という感じだから」とバーナード監督のリアル志向を強調じゃ。それにバーナード監督も「実際は刀を抜いたらダンスをするのではなく、直接敵に斬りつけて終わりでしょう?」とリアリティ重視を熱弁し、佐藤は「その通りです!」と即答して笑わせたでおじゃる。 

日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした作家・土橋章宏による小説「幕末まらそん侍」が原作。「その通りです!」とバーナード監督に同調した佐藤だったが、「海外の方と仕事をしたいという気持ちがあって、このチャンスは逃したくないと飛び込みました。でも衝撃の現場で…。まさかこんなことになるとは。これまで様々な現場で経験してきた常識が一切通じない、何もかもが初めての挑戦だった」と型破りスタイルにこちらも驚いていたで候。

mina(ミーナ) 2018年4月号 (2018年02月20日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。