ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手荒い扱いにも耐える! HP、教育現場向けChromebook2種を発表

今や学校でコンピューターを使って授業が行われるのは珍しいことではない。特に米国では、1人1台割り当てる学校も増えている。

そうした実情もあり、教育マーケット向けのPCが最近増えていて、Hewlett-Packardもこのほど新製品2種を発表した。どちらもキーボードが撥水性になっていたり、落下の際の衝撃を吸収するゴムで保護されていたりとタフなつくりなのが特徴だ。

・タッチスクリーン

1つは「Chromebook 11 x360 11 G2 EE」。こちらはディスプレイ11.6インチで、解像度は1366×768ピクセル。タッチスクリーンとなっている。

プロセッサーはインテルのCeleron N4000 デュアルコアかCeleron N4100 クアッドコアから選べる。デュアルカメラ(5MP、720p)を搭載し、タブレットのようにも使えるのが特徴だ。

・ストレージ最大64GB

もう1つの「Chromebook 11 G7 EE」はエントリーモデルとなり、こちらはカメラが1つのみ(720p)で、タブレットのようにはならない。

ただ、ディスプレイのサイズや解像度、タッチ操作対応、プロセッサーなどはx360 11 G2 EEと同じだ。

両モデルともRAMは8GB、ストレージは最大64GBとなる。ポート類はUSB Type-C、USB Type-A、マイクロSDカードリーダー、イヤホンジャックなど一通りそろっている。

価格はまだ発表されていないが、教育現場向けなので一般的なPCより安めとなることは確実だろう。

他メーカーでは教育現場向けに投入したモデルをしばらくしてから一般向けにも発売することが往々にしてあり、今回の2種もそうなる可能性はある。

Liliputing

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy