ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?
2018年4月、アメリカのサウスウェスト航空機のエンジンの一部が飛び、客室の窓にあたって割れてしまうと、乗客の一人が機外に吸い出されそうになるという事故が発生。

これは事故ですが、もし飛行中に飛行機のドアを内側から開けたら、乗客は機外に吸い出されてしまうのでしょうか。

ズバリ答えは、イエス&ノー!

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?
はっきりしない答えですが実はこの迷信には2つの側面があるからなんです。
 
• 上空で人間がドアを開けることができるのか? 答えはNo!
• 機体の穴から乗客は吸い出されてしまうのか? 答えはYesです。

飛行中に旅客機のドアは内側から開けられるのか?

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?
開けられないというのが答えです。旅客機のドアを開けるには、一度内側に少し引っ張ってから外開きするそうです。機内の気圧が、外部の気圧より高く設定されているので、「一度内側に引っ張る」には相当な力が必要になります。

英紙「The Telegraph」によれば、1平方フィート(約30センチの正方形)あたり、1100ポンド(約500キログラム)の力がかかっているそうなので、人間では引っ張るのは無理と言うことになります。

また、電子的・物理的なロックもかかっていますから、いずれにせよフラッと「ドアに近づいて開けちゃう」というわけにはいきません。

もし穴が開いたら機外に吸い出されてしまうのか?

もしもドアが開いたら、そして何かの原因で期待に穴が開いてしまったら、機内の気圧が高いこともあって、機外に吸い出されてしまいます。

その段階では、機内の気温は凍傷のレベルを下回っているので、これはもうかなり厳しい状況です。

サウスウェスト航空機事故の場合

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?
アメリカのニュースメディアCNNによれば、エンジンが損傷してその部品が窓にあたり窓が割れ、機体に穴が開いたとのこと。被害者の女性の上半身と腕までが機外に吸われていたところを、他の乗客たちが引っ張り入れたそうです。その穴からは「物体」(詳細不明)が吸い出されていたそうで、他の乗客がその女性の体をしっかり押さえていたといいます。残念ながら女性は死亡しましたが、他には7人が怪我をする人的被害となりました。

飛行機のドアを開けることはできませんが、思わぬ事故によって機体に穴が開いてしまうと、そこから乗客でさえ吸い出されてしまいます。

[What happens if you open the plane door during a flight?|The Telegraph]
[NTSB: Engine in deadly Southwest jet incident missing a fan blade|CNN]
[All Photos by shutterstock.com]

飛行機の安全にまつわる豆知識は、『【世界の謎】跡形もなく消えた飛行機が、1948年から2014年の間に82機』『【飛行機トリビア】エコノミークラスが一番生存率が高いって本当?』なども合わせてどうぞ。

【飛行機の迷信①】上空で誰かがドアを開けたら乗客は吸い出されてしまう!?
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy