ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長野でやりたい100のこと

長野でやりたい100のこと

こんにちは。新婚旅行で世界一周を終え、今年から長野に移住した石川です。
美味しい!絶景!大自然!秘境!雪!温泉!…と、とにかく魅力が盛りだくさんの長野。
わたしがそんな長野に惹かれた理由は、なんでもない日常が美しいから。

ここでは、アルプスの山々に囲まれた絶景のある風景が日常。美味しく豊かな食や自然、温泉も当たり前のように、ここに暮らす人にとって身近な存在なのです。移住者も多い長野では、人との距離、そして都心との距離がちょうどいいのも魅力的。

しかも、長野県はとにかく広い!その規模は、東京・神奈川・千葉・埼玉の合計面積にほぼ匹敵するほど。同じ県内であっても、食文化も歴史も、方言も気候も異なり、まるで別の文化圏です。そんな、知れば知るほど奥が深い「長野でやりたい100のこと」をご紹介します。

長野のグルメを味わう

豪雪地帯飯山の冬の風物詩かまくらの中で名物の「のろし鍋」を堪能する

photo by 信州いいやま観光局

豪雪地帯飯山市では、雪で作られた“かまくら”の中で郷土料理「のろし鍋」を堪能できます。かまくらで作られた「レストランかまくら村」は、毎年冬期限定でオープン。かまくらの中にはテーブルと椅子が設置されており、まるで個室のレストランのよう。雪遊びに疲れたら、地元の野菜がたっぷり入った信州味噌仕立ての名物「のろし鍋」をかまくらの中で。豪雪地帯ならではの特別な体験は予約制です。防寒対策も万全に!
■詳細情報
・名称:レストランかまくら村
・住所:長野県飯山市寿807-2
・冬季限定:平成31年 1月25日(金) ~ 2月28日(木)
・電話番号:0269-62-3133
・サイトURL:https://www.iiyama-ouendan.net/special/kamakura/

 


スーパーにも並ぶ本場長野で噂の「昆虫食」にチャレンジ!

photo by PIXTA

イナゴ、蜂の子、カイコ、サザムシ……日本において、昆虫食の本場と呼べるのが長野県。山に囲まれた長野では、タンパク源となる海の幸を手に入れることが難しかったため、昆虫食が発展したと言われています。「冬場の貴重なタンパク源」として、日常的にスーパーに並ぶほど一般的です。また、諏訪湖の遊覧船発着所には、イナゴの佃煮が刺さった「バッタソフト」が話題にもなりました。
■詳細情報
・名称:諏訪湖観光汽船 売店
・住所:長野県諏訪市湖岸通り3丁目1-27
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:0266-52-0739
・サイトURL:https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20009372/

 

長野のB級グルメ!クセになる伊那の「ローメン」

photo by PIXTA

伊那市の名物、ローメン。長野は各エリアごとにB級グルメや郷土料理がもりだくさんですが、南信州の伊那市ではこの焼きそばのような太めの中華麺に、マトンと野菜を合わせて煮込んだご当地グルメが人気。ラーメンでも焼きそばでもない、独特のクセになる美味しさは、食べてみる価値あり! 地元で人気の名店「うしお」でローカル感を味わってみては。
■詳細情報
・名称:うしお
・住所:長野県 伊那市 荒井 3460-1
・営業時間:11:30~13:00 17:00~21:30(L.O.21:00)
・定休日:日曜日
・電話番号:0265-72-4595
・サイトURL:https://tabelog.com/nagano/A2006/A200601/20000001/

 

他にも、長野のグルメを味わう方法

・松本・塩尻の郷土料理、大判の一枚肉を揚げた「山賊焼き」を豪快に
・秋限定!行列の絶えない小布施堂の「栗の点心 朱雀」を堪能
・海なし県でも魚!10年の年月を重ねて開発された「信州サーモン丼」
・ねずみ大根のしぼり汁をつゆにいれて食べる「おしぼりうどん」で新体験
・日本最大規模の自然豊かな大王わさび農場で「わさびグルメ」を満喫
・中村屋の「肉かけうどん」で上田市のソウルフードを満喫
・飯田では当たり前、おでんにねぎだれをかける「ねぎだれおでん」
・がっつり食べたい登山客は、駒ヶ根名物「ソースカツ丼」でエネルギチャージ
・長年地元に愛されているいむらやの「あんかけ焼きそば」
・長野のラーメンチェーン店みんなのテンホウで人気の餃子を味わう
・善光寺観光に欠かせない!長野名物「おやき」はさんやそうの辛大根味で食べ歩き!
・信州の秘境、遠山郷で天然マトンを使った「遠山ジンギスカン」に挑戦
・長野北部伝統の米粉でつくったおかし「やしょうま」はカラフルでかわいい
・佐久・諏訪地方の冠婚葬祭で定番の「鯉料理」はスーパーでも買える
・南信州に伝わる伝統の味、濃厚で上品な秋の風物詩「市田柿」
・長野県民の好物、つい食べたくなる「鯖とたけのこの味噌汁」
・定番だけど外せない!行列必須のうずら家で「戸隠そば」
・日本酒好きにはたまらない!5軒の酒蔵が並ぶ通りで「諏訪五蔵」巡り
・戸隠神社宝光社の境内の雪の中で熟成された神聖なる「雪中酒」で乾杯
・「馬刺し」をおろし生姜と醤油で。古くから根付いている馬肉文化を堪能
・木曽地方の伝統漬物の幻の漬け物「すんき」を蕎麦にのせていただく
・佐久市の臼田地域のご当地チキン「むしり」はむしって食べる

 

長野の穴場スポットを訪れる

まるでピンクの絨毯!赤そばの花畑が広がる絶景スポット「赤そばの里」

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。