ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるでSF!近未来的デザインの電動スケボー「Zetazs」はLED照明も内蔵

電動スケボーは日本では公道走行が極めて難しいが、国によってはそれが交通手段と化している。その電動スケボーも、時を経る毎に進化を遂げている。

クラウドファンディング『Indiegogo』で発表された『Zetazs Electric Skateboard(以下Zetazs Skateboard)』は、旧来の電動スケボーとは大きな作り。SFチックな設計が、見る者の目を惹くかのようだ。

・アルミ合金を使用

まずは、旧来のスケボーを思い浮かべていただきたい。木製の板に車輪が取り付けられている、というイメージで間違いないだろう。

しかしZetazs Skateboardが採用している素材は、航空機規格のアルミ合金である。それを使ったボディーも、ただの板とは大きく異なる。だいぶ厚みがあり、「板」というよりは「箱」のような形状だ。そのデザインは先進的というよりも、前衛的と表現するべきかもしれない。

なお、ボディーの側面にはLEDライトが搭載されている。夜の走行には役に立ちそうな装備である。

最高時速は25km、最大移動距離は15kmとある。重量は9.8ポンド、即ち約4.4kg。電動スケボーにしては、かなり軽量に収まっている。

・日本での利用は……

だが、最高時速25kmの電動スケボーは日本での公道走行は難しいと言わざるを得ない。公園かスケートパークでの使用に限られるだろう。

このZetazs Skateboardは、今のところはキャンペーンを公開する前段階の状態だ。Indiegogoのページでニュースレター配信の登録を受け付けている。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。