ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ニーズに合わせて容量・機能が選べるモバイルバッテリー4種「Omni Mobile」

PCにスマホ、デジカメ、イヤホンなど、出先でガジェットを充電したいシーンが少なくない昨今、モバイルバッテリーはもはや必需品。ただ、人によって必要とする容量や性能は異なるだろう。

そこでスタートアップOmnichargeが開発したのは、容量が異なる4種のモバイルバッテリー「Omni Mobile」。スマホをフル充電する3200 mAhタイプからPC にも対応する2万5600mAhまで用意されている。

・2種にワイヤレス充電機能

まず容量が2万5600mAhと最も大きいタイプは、出力60WのUSB-Cと、急速充電に対応するUSB-Aを2つ、それから電圧を自動調整するDCを備える。

なので、ラップトップPCやゲーム機器、タブレット、スマホ、デジカメなどほとんどのデバイスの充電ができる。また、最大出力10Wのワイヤレス充電機能を搭載しているのも便利だ。

次に容量が大きいタイプは1万2800 mAhで、出力60W のUSB-C、USB-A2つ、ワイヤレス充電機能を備えるが、DCには対応していない。

・ケーブル内蔵タイプも

よりコンパクトなタイプがいい、という人向けには容量9600 mAhのタイプがある。こちらもUSB-Cを備えるが、出力は18Wとなっている。USB-Aも1つで、ワイヤレス充電はなし。

最後に、最もコンパクトなのが容量3200 mAhタイプ。出力10WのUSB-Cとライトニングのケーブルを内蔵しているので、別途ケーブルを携帯する必要がなく手軽にスマホなどを充電できる。USB-Aポートも備えている。

Omnichargeは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoでキャンペーンを展開中で、出資額は2万5600mAhタイプが99ドル(約1万1000円)、1万2800 mAhタイプ69ドル(約7500円)、9600 mAhタイプ35ドル(約3800円)、3200 mAhタイプ25ドル(約2700円)となっている。

モバイルバッテリーの購入を検討している人はチェックしてみてはいかが。出資期限は2月15日。

Omni Mobile/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき