3社5台の最新バスを展示! 千葉内陸バスみつわ台車庫で2月2日

access_time create folder生活・趣味


千葉内陸バスが、トミーテックがデザインした新型ハイブリッドバスを2月3日から走らせるのにあわせ、その前日の2月2日に新型車両披露会と試乗会を開催する。
<関連記事:千葉内陸バスに2台目の新型HVバス>
新型車両披露会の会場は、千葉内陸バスみつわ台車庫(千葉県千葉市若葉区)。
開催日時は2月2日13~16時。参加無料。
新型車両披露会には、千葉内陸バスのハイブリッドバス2台のほか、京成グループの京成バス(千葉県市川市)、松戸新京成バス(千葉県鎌ケ谷市)の特別塗装車両も展示。
また、千葉県出身のシンガー 星野みちる が1日営業所長を務め、バスに乗りながら歌を披露する「ライブバス」も走る。

展示バス車両5台のプロフィール

◆1 千葉内陸バス1214号車
今回デビューする千葉内陸バス2台目のハイブリッドバス車両。
◆2 千葉内陸バス1205号車
2017年12月にデビュー。千葉内陸バス初のハイブリッドバスで、トミーテックが車体デザインを手がけた初の路線バス車両。
◆3 京成バス8153号車
(リカちゃんラッピングバス)
2018年3月にデビュー。東京都葛飾区に拠点を置くタカラトミーの「リカちゃん」がデザインされたバス車両。車内で流れるアナウンスの一部をリカちゃんが担当している。
◆4 松戸新京成バス3306号車
2018年12月にデビュー。松戸新京成バスの路線バス標準カラーである紫色をベースに、松戸市で1972年7月に制定された「松戸市の花(街の花)」である「つつじ」をあしらったデザインを採用。
◆5 松戸新京成バス3307号車
2018年12月にデビュー。新京成電鉄の電車8800形の現行カラーである、白とジェントルピンクを、路線バスにイメージしたデザインを採用。更に、1年間限定で松戸新京成バス営業開始15周年の記念ロゴをデコレーション。
<過去記事>
新京成電車8800形と同じデザイン、松戸新京成バスに登場
https://tetsudo-ch.com/2876800.html

星野みちるのライブバス、京成パンダもくる

また、千葉内陸バス1214号車試乗会は14時から約20分間隔で運行。
試乗会参加者には、なんと千葉内陸バス1214号車特製グッズをプレゼント。これ気になる!
さらに、千葉県出身のシンガー 星野みちる が1日営業所長で披露会に出演。路線バス車両に乗り込み、車内で生歌を披露。
このライブバスに乗車した乗客のなかから抽選で、星野みちるがデザインした特製バスマスクを2名にプレゼント!。これも気になるーっ。
さらにさらに、京成カードのキャラクター「京成パンダ」と、新京成電鉄のキャラクター「しんちゃん」と「けいちゃん」も出演。子どもたちにお菓子をプレゼントするって。
―――会場の千葉内陸バスみつわ台車庫へは、JR千葉駅東口から千葉内陸バスで22分、JR都賀駅西口から千葉内陸バスで8分。

関連記事リンク(外部サイト)

関東鉄道 キハ313・314 さよなら撮影会
ニューシャトル、脱線の原因はタイヤのバーストとパンク_車両撤去と案内レール修復できょう14時復旧見込み
はやっ! 池袋→川越 最速26分、東武東上線「川越特急」誕生

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧