ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

2018年12月14日(金)に『ドラゴンボール』の最新映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が劇場公開。劇場版20作目にして最高傑作と評価が高い今作は、1月14日までの累計で282万3,215人を動員し、興行収入は36億円を突破! 第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞の受賞も発表され、大ヒット上映中です。

今作では、戦闘シーンの味方として登場するのは悟空とベジータのみ。そして2人が共闘して強敵であるサイヤ人・ブロリーに立ち向かいます。
※ブロリーは過去の作品に登場していますが、今作では名前や大まかな設定をベースに、再構築された新たなストーリーとなっています。

1986年の最初のTVアニメシリーズから30年以上に渡り、主人公・孫悟空を演じている野沢雅子さんと、ライバルとも言えるベジータを演じる堀川りょうさんのレジェンド声優にインタビュー! フュージョンについてなど、悟空とベジータの絆を感じるお話を伺いました。

※多少ネタバレもあるので注意!

ブロリーは愛すべき敵

――公開されて反響はいかがですか?

野沢:道を歩いている人にも「面白かったです」と声をかけてもらえるのが嬉しいですね。

――私も鑑賞して、最高傑作と言われていることが納得できる面白さでした!

野沢:わあ、嬉しい!

堀川:ああ、良かった~!

――試写ではなく普通に映画館で観たのですが、一般のお客さんも「ベテランの声優さんがあんなに叫ぶのがすごい」と感嘆している声を耳にしましたよ。

堀川:僕はまだ若手ですから(笑)。どんなに大変だ、辛いなと思っても、観てくれたお客さんに「良かったよ!」と言われたら、その一言で疲れとか吹っ飛んじゃいますよ。

野沢:そう! 疲れは吹っ飛んじゃうね! 私は自分の好きなことだから、あまり辛いと思ったことはないんですけど。

堀川:でも、確かに毎回エネルギー量がすごいとは思います。今回は特に! 画やSEなど音楽も技術が進歩していて迫力が増したので、なおさら感じるんじゃないでしょうか。4DXやIMAXとか全然音の響きが違うじゃないですか! あれは迫力ある。

――今回は強敵としてブロリーが立ちはだかりますが、野沢さんは他のインタビューなどで以前のブロリーを覚えてらっしゃらないとおっしゃっていましたが、堀川さんはいかがですか?

堀川:僕もちょっと覚えてなかったんですよね(笑)。

野沢:めっちゃくちゃ悪い奴とかなら印象に残るんですけど、ブロリーって根っからの悪い人じゃないじゃないですか。

堀川:だから、今回のブロリーを見ていると、戦わざるを得ない状況に持っていかれて、かわいそうだと思っちゃいました。でも今回は、救いもあるところがいいですよね。普通だったら最後は戦って存在自体が失くなっちゃうんだけど、チライとレモの存在がすごく救いになっている。戦闘シーンもさることながら、そういうところが今回はさらにドラマチックで感動的かなという気がします。

――今回の映画のブロリーは、きちんと人間性を掘り下げて描かれているので、キャラクターとしても敵としても魅力的に感じました。

野沢:そうそう、そうなんですよね! 今までいろいろな敵が出てきていますけど、ブロリーは愛すべき敵ですよね。やっぱり根っからの悪ではないという。

堀川:フリーザもそんな感じになってきつつありますよね。最初は極悪だったのに。ベジータだって最初はそうじゃないですか。

野沢:もう、ベジータはわがままで!

堀川:まあまあ、それは今でもね(笑)。

野沢:でも、悟空としてはベジータはお友達だから、とても好きなんですよ。フリーザさんも愛すべきところがあるじゃないですか。だって、戦っていて「今のは痛かったぞ」なんて相手に言いませんよね。戦っているのにふざけてるの?って(笑)。愛すべきキャラクターなので悪だけど私はフリーザさんはけっこう好きなんですよ。

堀川:ですから、あの強かったフリーザが今回ボコボコにやられるシーンはちょっと郷愁を誘うというか……。

野沢:あそこまでやられると、ちょっとかわいそうに思えてくるよね。

TVシリーズからピタリと合うフュージョン!

――悟空は新しいシリーズの度に新しい技を覚えたりパワーアップしますが、どんどん強くなる悟空に驚きは覚えますか?

野沢:悟空はそうなるために常に修行している人だから、いつも驚きはしません。絶対もっともっと強くなると思います。

堀川:そういう意味ではベジータにとってカカロットは、どうやっても必ず自分より上のレベルにいってしまう存在。だから、ベジータにとっては強くなるための永遠のいい環境なんですよ。

――ずっと越えたい高みとしての存在が目の前にいるわけですものね。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき