ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「江戸川 コナン」のリアル頭身アクションフィギュア登場!表情パーツ4種付きでバリエーション豊富に再現可能

漫画・アニメ・映画で人気の『名探偵コナン』から、主人公「江戸川 コナン」のリアル頭身アクションフィギュア『S.H.Figuarts 江戸川 コナン』が5月に発売予定、現在予約を受付中です。

「フィギュアによるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」のあらゆる技術を凝縮したフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」ブランドで蓄積した可動機構を活かした『江戸川 コナン』のリアル頭身アクションフィギュア。

高校生探偵・工藤新一が小学生の体となった「江戸川 コナン」は、S.H.Figuartsで展開する標準のキャラクターサイズの約150mmよりも小さい全高約90mmのサイズながらも、全体のシルエットやディテール、可動域から彩色に至るまでこだわり抜いたアクションフィギュアとなっています。

蝶ネクタイ型変声機や時計型麻酔銃付きの手首パーツ、4種の交換用表情パーツ、形状の異なるサッカーボールも2種類付属!

キリッとしたドヤ顔、衝撃を受けたときや何かに気づいたときのコナンの世界特有の表情、蝶ネクタイ型変声機で声を変えながら影で喋って入るときのあの顔、など付け替えるだけで大きく印象が変化。充実したセット内容で劇中のさまざまなシーンをポージングできます。

また、今後発売予定の「S.H.Figuarts 名探偵コナン」シリーズもリアル頭身を予定しており、並べて飾れるサイズになっているのだとか。これは揃えていろいろなシチュエーションを再現したいですね!

今回のフィギュアは、アジア・北米・欧州など海外でも発売を予定しているので、海外ファンからも楽しい写真がアップされるのではないでしょうか。

商品名S.H.Figuarts 江戸川 コナン
メーカー希望小売価格 5,616円・税8%込/5,200円・税抜
発売予定日 2019年5月発売予定 ※予約受付中
対象年齢15歳以上
材質ABS、PVC
サイズ全高約90mm
セット内容:
本体、交換用表情パーツ4種、交換用手首左6種右4種(蝶ネクタイ型変声機、時計型麻酔銃付き含む)、交換用首パーツ(蝶ネクタイ有りor無し)、サッカーボール2種

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。