ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Krush】晃貴、武尊のようなチャンピオンになる

念願のタイトル獲得へ力のこもったパンチを打ち込む晃貴

 1月26日(土)東京・後楽園ホールで開催の『Krush.97』で、萩原秀斗(K-1ジム総本部チームペガサス)と第4代Krushバンタム級王座決定戦を行う晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が公開練習を行った。
 本来、この試合は次期挑戦者決定戦として行われる予定であったが、前王者の金子晃大(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が階級を上げるためベルトを返上し、王座決定戦に変更となった。
 晃貴は、現K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊と同じ鳥取出身で、後輩にあたる。元々米子ジムに所属しており、武尊のキックボクシングの初師匠で武尊の高校時代の三年間、心技体を鍛え、武尊の強さの根源を作り上げてきた富村誠司会長の息子。現在は武尊を追いかけて上京し、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに入門。Krushでキャリアを積んでいる。前王者に1度敗れているものの現在2連勝と波に乗る。
 タイトル初挑戦となる晃貴だが「自分が鳥取にいた頃に武尊くんがKrushのベルトを獲ったのを見て俺もいつか東京に行って、あのベルトが欲しいと思っていました」とタイトル獲得への思いは強い。
 対戦相手の萩原はKrush僅か2戦目で王座決定戦という大抜擢を受けた形になる。これに対して晃貴は「上手い選手だと思いますけど、Krushで2戦目の選手には負けられない」と言い、「そういう相手にベルトを獲られたら、Krushが甘い場所だと思われるので、Krush生え抜きの自分がベルトを獲ります」とベルト奪取を宣言。
 
 最軽量のバンタム級は「スピードがすごいというイメージがあると思うんですけど、パワーで殴り合って勝つ試合が自分の理想です。殴り合ってKOして勝つ、武尊くんのようなチャンピオンになりたいです」と武尊のファイトスタイルを理想としている。
 現K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹をはじめ、軍司泰斗(19=K-1ジム総本部チームペガサス)、そして前チャンピオンの金子ら歴代Krushバンタム級王者はいずれもK-1を目指してスーパー・バンタム級に階級を上げているが(K-1は同階級が最軽量)、晃貴も「最終的な目標はK-1の世界チャンピオンなので、2019年はKrushのチャンピオンになって、1年間ベルトを防衛し続け、それからK-1にも出て行きたいです」と今後の目標を力強く語った。

関連記事リンク(外部サイト)

【Krush】西京春馬、フェザー級で敵なしの存在になる
【Krush】元日本&東洋太平洋ランカーのボクサー参戦
【Krush】K-Jee「ベルトを獲ってK-1のベルトまで駆け上がる」

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき