ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レベルス】日菜太、ムエタイ王者相手に「気負いはない」

REBELSを背負ってムエタイ王者を撃破できるか

 2月17日(日)東京・新木場スタジオコーストにて開催の『PANCRASE REBELS RING.1』で、現役ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者シップムーン・シットシェフブンタム(23=タイ)を挑戦者に迎え、3度目の防衛戦を行うREBELS 70kg王者・日菜太(32=クロスポイント吉祥寺)のコメントが主催者を通じて届いた。

 日菜太は必殺の左ミドルキックを武器に、K-1MAXで日本人70kgのトップ戦線に名を連ねた。その後新生K-1に参戦しK-1スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフ(24=ベラルーシ)への挑戦権を得るも2018年3月『K’FESTA.1』で2RKO負け。10月のREBELS.58で復帰戦を行い、元新日本キック日本ウェルター級王者・緑川創との試合に勝利。
左ミドルキックを得意とする日菜太

 アラゾフとの試合で鼻骨を折り、治療のため半年以上のブランクを余儀なくされ、緑川戦後には足の骨折が判明してその試合が2018年最後の試合となってしまった日菜太。「2018年は、すごく辛い1年でした。2試合して2骨折ですよ」と振り返る。
 それでも、骨折による1カ月間のブランクも日菜太にとっては「30代ファイターの現実と調整方法」を知るきっかけになったという。
 シップムーン対策に関しては「僕は外国人との対戦が多いので、相手がタイ人だからという気負いは全くないです。ムエタイのペースになると手数も少ないので、僕からどんどん手数を出すつもりです。組みの展開になっても、REBELSルールは膠着すればすぐブレイクが掛かる。とにかくムエタイに付き合いたくないので『日菜太の試合』に持っていくつもりです」とすでに試合のイメージは出来ているという。
 ムエタイの現役王者にして(日菜太が僅差の判定勝利を飾った)緑川に勝っている選手であることから、「この試合は負けたくない。本当に負けたくない相手ですね。ここで勝てば自分の価値を上げられる。僕にとってメリットが大きいですから、シップムーンと対戦が決まったことでまたモチベーションが上がりましたよ」と勝利に闘志を燃やす。
「僕があと何試合やれるか分からない中で、ここで星は落としたくないし、モチベーションの上がる相手とのオファーをいただけるように、シップムーンに勝って、次戦を迎えたいんです」と、勝利した後のさらなる飛躍を誓う日菜太。
 最後に「全力で現役ムエタイ王者を相手に『日菜太ペース』に持っていって、勝つところを見せます。僕の試合を見て応援してください」とファンに熱いメッセージを送った。

関連記事リンク(外部サイト)

【レベルス】才賀紀左衛門が王座決定トーナメントに出場
【レベルス】小笠原瑛作がウィラサクレック会長お墨付きの刺客を迎え撃つ
【レベルス】剛腕KOUMAと三日月蹴りの宮元啓介が初対決

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。