ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lexar、世界初の1テラバイトSDカードを500ドルで発売

Lexarは容量1テラバイトのSDXCカード「Lexar Professional 633x SDXC UHS-Ⅰ」を499.99ドル(約5万4000円)で発売した。

1テラバイトのSDカードはSanDiskが数年前にプロトタイプを発表したが発売には至っておらず、Lexarの今回のカードが世界初の1テラバイトSDカードとなる。

・8Kビデオ時代に活躍?

1テラバイトというのはかなりの大容量で、プロの写真家でもそうは使いこなせないだろう。ましてや、趣味レベルでビデオや写真を撮るという人には正直無用の長物だ。

ただ、カメラなどデジタルデータを伴う分野の技術は日進月歩。少し前まではプロの領域だった4Kや3Dのビデオ撮影がいま一般消費者でも行えるようになっていることを考えると、今後8Kビデオなどもいずれそうなるはず。そうした時にこのカードの存在意義が光りそうだ。

・読み出し95MB/秒

1テラバイトSDカードの読み出し速度は95MB/秒、書き込みの方は70MB/秒となっている。扱うデータが大容量であればあるほど読み出しや書き込みに時間がかかるのは避けられない。

現在いくつかのメーカーが512GBのカードを展開していて、このカードを2つ持てば1テラバイトになる、という考え方もできるが、1枚に集約できるに越したことはないと考えている人は要チェックだ。

現在、AmazonやB&Hでは399.99ドル(約4万3000円)でオーダーすることができる。ただし、出荷時期は未定となっている。

Lexar

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy