ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【ホーストカップ】一刀、NJKF上位ランカーと対戦

 3月3 日(日)京都KBSホールにて開催される『HOOST CUP KINGS KYOTO 5』の対戦カード2試合が決定した。
軽中量級ならではのスピーディーな試合が期待される一刀(左)と大樹(右)

 1つ目のカードとしては、58kg契約3分3R延長1RでHOOST CUP日本フェザー級王者・一刀(34=スタージャパン)とNJKFフェザー級3位・大樹(27=NJKF ARENA)が対決する。
 一刀は、34戦のキャリアを持つ34歳のベテランファイター。RISEにも多く出場し、惜しくも敗れはしたが、現K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優太と接戦を演じた。今回は、昨年5月20日名古屋大会で前王者、上杉文博を破って以来の参戦。間合いの取り方とパンチのタイミングがよく、ディフェンス能力にも優れている。
現在K-1で活躍する小宮山(右)の12連勝をストップした一刀(左)

 対する大樹は最近勝ち星から遠ざかっているが、トータルバランスに優れたアグレッシブなファイトスタイルでどの試合でも相手をあと一歩まで追い詰めており、戦績以上の実力者。国内キックボクシング団体NJKFでは3位にランクインしており、タイトルに近い存在である。軽中量級ならではのスピーディーな試合に注目だ。
激闘が期待される辻出(左)と増井(右)

 2つ目のカードとして、63kg契約3分3R延長1Rで、元HOOST CUP日本ライト級王者・辻出優翔(25=京賀塾)と MA日本ライト級4位&J-NETWORKライト級6位・増井侑輝(真樹ジムAICHI)が対戦する。
 辻出は地元京都出身で、HOOST CUP初代日本ライト級(60kg)王者やDEEP☆KICK第2代60kg王者などのタイトル獲得歴のある実力派ファイター。元Krush -60kg王者の大月晴明をパンチでKOするなど、強豪としのぎを削ってきた。しかし、昨年は勝ち星に恵まれず苦しい1年となった。今回の試合が2019年を占う試合となりそうだ。
 対する増井は、HOOST CUP参戦後負けなし、昨年3月のJ-NETWORKライト級王座決定戦では不覚をとったが、5月20日名古屋大会ではDEEP☆KICK63Kg王者の敦YAMATOを得意の左ミドルで寄せ付けずフルマーク勝利、その後もビッグバン、NJKFに参戦、勝ち星を重ねている複数団体のトップコンテンダー。サウスポー同士のハイレベルな攻防に期待がかかる。
 

関連記事リンク(外部サイト)

【ホーストカップ】大石駿介、地元名古屋でISKA世界王座初防衛
【ホーストカップ】ピーター・アーツ、ホースト、武蔵らK-1レジェンドたちの”代理戦争”
【ホーストカップ】大石駿介、ISKA世界初防衛戦は「KOする」

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき