ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日立、YAMAGATA、KTC_AI活用した鉄道車両むけボルト締結作業管理システムを開発


日立製作所、YAMAGATA、京都機械工具は、AR技術を利用した鉄道車両むけボルト締結作業管理システムを開発。
<テクノロジー関連記事>
同システムは、締結すべきボルトの位置を、作業者が装着するヘッドマウント型スマート端末のディスプレイ上へ表示。
表示どおりのボルトを規定の力で締めることができたかをメーターで確認できる。
また、同時にデジタル処理によって自動的に管理できる。
3社は今後、実運用にむけた現場での実証をすすめ、鉄道車両製造作業の効率化と品質の向上を図る。
鉄道車両製造現場では、機器類を固定するボルトが走行中も緩むことがないよう、確実にボルトを締める必要がある。
日立は鉄道車両製造で、今回開発したボルト締結作業管理システムの現場実証を重ね、2019年度下期の実運用をめざす。
また同システムは、1月16〜18日に東京ビッグサイトで開催される「第11 回オートモーティブワールド」のYAMAGATAブースで展示する。

関連記事リンク(外部サイト)

JR東日本エリア東京圏の鉄道工事現場、その最新トレンドを体感できる2日間
モバイルSuicaアプリ、1月23日にアップデート
やばみ~っ! 和装に黒メガネの石原さとみ、後楽園駅からどこいくの?【東京メトロ最新CM動画】

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。