ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

2018年の食を振り返る……バーガーキングの“5段ワッパー”

2018年も様々な“食”と出会うことができた。純粋に美味しいと感じた物、SNS映えするような美しい物、思わず食べるのをためらうほど高価な物…挙げればきりがない。
中でもとりわけインパクト大だったのは、バーガーキングが11月29日から12月2日に開催していた「いい肉爆盛り感謝祭」で提供された、ビーフパティ5枚入りのワッパーチーズだ。
筆者はたまたま通りかかったバーガーキングで、それを発見した。
01
バーガーキングの“ワッパー”は、ただでさえ食べごたえあるのに、それがまさかの5段バージョン!? このボリュームで1290円!?これはもう、見た瞬間注文せずにはいられなかった。
02
通常パッケージに「5」と書かれただけの包装。開けてみると…
03
見よ! この5段の迫力!惜しむらくは、撮影時に大きさ比較用の“小物”を失念してしまい、迫力が伝わりにくいところだろうか。
実際、食べてみたところ、かなりの厚みがあるので齧り付くのも一苦労で、しっかりとバーガーを抑えているのにもかかわらず、食べているうちに肉がズレてくる。ズレないように少しずつ横に回しながら食べても、結局はズレる。さらに、肉汁が包装紙のちょっとした隙間から漏れてくる。とにかく食べにくいことこの上ないのだ。しかし、食べにくくても味は直火焼きビーフ100%の肉々しさにあふれて非常に美味しい。食べにくいけれど美味しい、この“一長一短”の妙。
04
そうこうしているうちに完食。(※食べている途中の写真は掲載自粛)脇にあるケチャップは、食べているうちにバンズと野菜が先になくなってしまい、最後に残ったビーフパティに付けて食べた。5段ハンバーガーだったものが、最終的3枚の食べかけハンバーグになってしまったのだ。最後まで美味しく食べたはずだが、やはり、5段の“重さ”は相当きていたようで、最終的には「しばらくバーガーキング…いや、ハンバーガーは食べたくない。。。」という感想に至った。なお、翌日の夕方頃まで腹は減らなかった。(2019年1月現在は、筆者は何事もなくバーガーキングに足を運んでいる)
ちなみに、バーガーキングは2009年に、「Windows 7」の発売を記念した、ビーフパティ7枚の「Windows 7 ワッパー」を限定発売している。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

2月28日まで何度でも使える…!?松屋のクーポンが太っ腹すぎる件!!目でも舌でも味わおう♡「ヒルトン東京ベイ」いちごが主役の遊園地ビュッフェ『ストロベリー・ワンダーパーク』
早くて、うまくて、安いの代名詞「牛丼」はこう食べろ!芸能人のこだわりの食べ方を集めてみた!!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき