ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

キャッシー中島さんが監修!デアゴスティーニからハワイアンキルトシリーズが創刊

キャッシー中島さんが監修!デアゴスティーニからハワイアンキルトシリーズが創刊

デアゴスティーニとして3作目となるキルトシリーズ、隔週刊『キャシーといっしょにハワイアンキルト』が全国創刊となり、先日、その記念イベントが都内で開催されました。隔週刊 キャシーといっしょに ハワイアンキルト
Fujisan.co.jpより

イベントには、キャシー中島さんと手芸家・デザイナーとして活躍中の息子、陽輔さんが応援団として駆けつけ、ハワイアンキルトについてのトークセッションでは、親子ならではの息のあった掛け合いをみせました。 創刊された『キャシーといっしょにハワイアンキルト』シリーズは80号で完結の予定。毎号マガジンと制作に必要なキットがセットになりついてきます。大作のハワイアンインテリアカバーからランチョンマットや小物入れなどの、さまざまなプログラムが用意されており、長く続けられる工夫がされています。

開発チームである株式会社デアゴスティーニ・ジャパンの編集部、加藤美香子氏は、憧れのキャシーさんを約2年半前に訪ねて取材を重ねるうちに、ハワイの自然・植物・海の生物などをモチーフにできているハワイアンキルトの世界は想像していたよりも奥が深く、引き込まれたと話します。

ハワインアンキルトというと大作イメージがあり、ちょっと手がでないかも?…と思う方でもパートワークにすることで、初心者でもチャレンジしやすそうですね。また、まつり縫いの方法などの基本テクニックや作り方のコツを分りやすく紹介する専用動画もあるので、イメージトレーニングをしてから取り組むとスムーズだそう。

イベントでは、キャシーさんと洋輔さんがハワイ伝統のサンプラーモチーフについて説明。また、集まったハワイアンキルトファンへハワイに関するクイズを出題し、全問正解した来場者には2人のサイン入り本がプレゼントされるなど会場は大いに盛り上がりをみせました。 キャシー中島さんはハワイ生まれの横浜育ち。タレントとして活躍する一方で、パッチワーク作家としてハワイアンキルトやアメリカンキルトを中心に品を制作。静岡県御殿場市のキルトミュージアムをはじめ、全国に6つのキルトスタジオを運営しています。2017年にはキルト生活45周年、芸能生活は50周年。キルト関係の本では65冊になるそうです。

洋輔さんは「おかんのおかげで、ハワイアンキルトは飾るものではなく使うものとして、物心ついたときから親しんできた」と話すと、キャシーさんは「こうして一緒に仕事ができる日がくるとは思わなかった。私にはない作風をみせてくれるので驚く。今年は作品を共同でつくりたい」と意気込みをみせました。

キャシーさんは「ハワインキルトを始めたいけれど、習える場所が近所にない方などにはピッタリです。キルト制作を通してハワイのディープな部分にも触れてもらいたい。ぜひ、一緒に楽しみましょう。最後までお付き合い下さいね」とアピールしました。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき