ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「週刊少年チャンピオン」の歴史を感じろ!創刊50周年キービジュアル発表&特設サイトオープン

「週刊少年チャンピオン」の歴史を感じろ!創刊50周年キービジュアル発表&特設サイトオープン
週刊少年チャンピオン 2019年1/24号 (2019年01月10日発売)
Fujisan.co.jpより

10日に発売された「週刊少年チャンピオン」6号(秋田書店)にて、同誌の創刊50周年を記念したキービジュアルが発表されました。それと同時に「週刊少年チャンピオン50周年特設サイト」(https://weeklychamp.com)がオープン。漫画とともに歩んできた50年の歴史を感じさせるコンテンツが今後続々と公開されます。

1969年の創刊から半世紀にわたり、これまで数々のヒット作を生み出してきた同誌。それだけに創刊50周年を記念したキービジュアルは豪華な陣容になっており、現在の看板作品である『刃牙シリーズ』や『弱虫ペダル』のキャラクターはもちろんのこと、『ブラック・ジャック』『キューティーハニー』『本気!』『ドカベンシリーズ』『750ライダー』『がきデカ』『マカロニほうれん荘』『魔太郎がくる!!』といった往年の名作のキャラまで勢ぞろいしています。

同誌編集部は、50周年イヤーに向けて「面白いマンガが好きだ。とびっきりに面白いマンガが。まだ見たことのないヒーローを。まだ味わったことのない衝撃を。とことん詰め込みたい。ページの隅々まで、コマの端々まで。そのための大義名分は要らない。教科書も要らない。面白いマンガのためだけに、これまで50年間、ずっと必死こいてきた。俺たちは、面白いマンガを作るために生まれたんだ。これからも、必死こいてくよ。だってマンガは、面白いのが一番だろ?」と所信表明。

「必死こいて半世紀。」のキャッチコピーとともに、50周年イヤーへの意気込みを語っています。

特設サイトでは、作品の試し読みや歴史をたどる年表、表紙画像ギャラリーなどを公開。今後、連載作家らのインタビューやWEB限定のコンテンツ、プレゼント企画なども公開される予定となっています。

漫画の歴史を感じさせる創刊50周年記念のキービジュアルが掲載された「週刊少年チャンピオン」6号は、1月10日から発売中です。

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。