ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

現代自動車の新EVコンセプトカー「Elevate」は四つ足歩行できる!

ロボットに興味のある方なら、Boston DynamicsのSpotMiniを覚えているだろう。4本足を備え、階段も登れる犬のようなロボットだ。

それに近いデザインのコンセプトカー「Elevate」が現代自動車から発表された。走っていたかと思うと、タイヤにつながった足が伸びて車高が上がり、歩くこともできるという大胆な発想のEVだ。

・足にジョイント

石がゴロゴロしているような悪路にも対応できるというのが最大のポイント。通常の道はタイヤで走り、タイヤが動かないような場所では“歩く”。

タイヤと車体をつなぐ足にはジョイントがあり、そのジョイントを調整することで犬や猫のような動きを可能にしている。

・時速5キロで歩行

公開された動画を観ると、足はそれぞれ個別に動かせるようになっていて、右前足だけを折り曲げて岩をまたぐといった動作もできる。

また、Elevateは高さ1.5メートルまで対応でき、かなり足場が悪い傾斜でもよじ登るようにして前進する。ちなみに、歩くスピードは時速5キロとなっている。

・救助活動の現場用

現代自動車は、このEVを救助活動の現場で使用することを想定していて、「究極のモビリティ車両」としている。

確かに、災害現場などでは流木や倒木があったり、巨岩で道が塞がれていたりすることが多々ある。そうした障害をものともせずに進める車両があるというのは心強い。

車の概念が大きく変わる映像をこちらから閲覧してほしい。

Hyundai

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき