ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカ手品界の大御所もうなった 『Penn & Teller: Fool Us』で”手妻(てづま)”を披露した藤山大樹さん

世界各国で放送されている『ゴット・タレント(Got Talent)』などの素人発掘型オーディション番組に、日本人パフォーマーが出演するのはそう珍しくないことになってきています。

アメリカのThe CW Television Networkが放送する手品番組、『Penn & Teller: Fool Us』にも日本人マジシャンが何名か出演しています。この番組は、アメリカ手品界の大御所、ペン&テラー(Penn & Teller)を前にマジックを披露し、タネが見破られなかったらラスベガスに招待され、ペン&テラーのショーに前座として出演出来る権利を得られるというものです。

SPECTACULAR Japanese Style Magic Trick BLEW AWAY Penn & Teller! (YouTube)
https://youtu.be/RntOesioGxQ

昨年、この番組に出演した日本人が藤山大樹さんです。藤山さんは、無形文化財にもなっている日本の伝統的な奇術”手妻(てづま)”の数少ない継承者です。『Penn & Teller: Fool Us』で”手妻”を披露した時の動画は800万回以上再生されています。

お面を被り、和傘を持って藤山さん登場。

一回転するとお面がキツネに早変わり。

お面がどんどん変化していきます。

藤山さんのパフォーマンスを見終えたペン&テラーは感嘆の表情。

娘さんが日本に留学中という女性司会者からいろいろ聞かれます。

ペンの評価も上々でした。

手品などのノンバーバル(nonverbal、言葉不要のという意味)な芸やパフォーマンスは、英語が苦手な人が多い日本人にとっては“魅せる”だけで勝負できるフィールドですね。渡辺直美さんのビヨンセもいい例だと思います。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=RntOesioGxQ

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。