ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豊橋に東海エリア最大級の炭酸泉スパ施設、名鉄が工事着手


名鉄がつくる温泉施設はどんな空間か―――。
名古屋鉄道は1月11日、愛知県豊橋市に新たな温泉施設の工事に着手する。2019年度冬の開業をめざす。
所在地は愛知県豊橋市飯村南二丁目31-1。東海道線 二川駅から北西3.5kmほどの地。
敷地面積は5917平米、温浴棟は鉄骨造・地上2階建、延床面積2555平米。
立体駐車場棟は鉄骨造・地上2階建、延床面積2377平米。
コンセプトは「誰もが気軽にリフレッシュできる場所」。東海地区最大規模の炭酸泉をはじめ、バラエティある風呂、岩盤浴・リラックスエリア、幅広い年代が楽しめる飲食エリアなどを設置する。
運営は、名古屋鉄道 文化レジャー事業部門を分社化した名鉄インプレス。日本モンキーパーク、野外民族博物館リトルワールド、南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国などのテーマパークや、カルチャースクール、スイミングスクールなども運営している。

関連記事リンク(外部サイト)

色なし!? 静岡鉄道A3000形シリーズに新追加する2編成のカラーに、あれれ?
名古屋鉄道、列車運行情報用 Twitter アカウント 12/27スタート
500セット限定 新春開運あかでん1日フリーきっぷ2019 発売

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。