ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岩合光昭写真展&映画『ねことじいちゃん』を記念して猫の「ベーコン」がくす玉割に挑戦! 結果は?

日本を代表する動物写真家であり、世界中の猫好きの憧れの的である“猫神”こと、岩合光昭さんが映画監督に初挑戦した映画『ねことじいちゃん』が2月22日より公開となります。本作の公開を記念して、映画の撮影中に監督業と並行して岩合監督が撮影した写真約160点で構成した岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」が開催中。日本橋三越本店を皮切りに、全国各地での開催が決まっています。

1月8日、レセプションイベントが行われ、岩合光昭監督、出演の柴咲コウさん、猫のベーコンが登場し、なんとベーコンがくす玉割りに挑戦しました!

「みなさんいい子ですねえ」と猫に呼びかけるような挨拶で登場した岩合さん。黄色のワンピースが麗しい柴咲さん。

「ずっと猫と暮らしていた」という柴咲さんは大の猫好きで、ベーコンが登場すると思わず顔がほころびます。

注目の的。猫のベーコン。

くす玉が登場すると興味津々に眺めるも、すぐにそっぽを向いてしまうベーコンさん。

時々ちょいちょいっとはしてくれるのですが……。

「もう飽きたニャン」

その後は岩合さん&柴咲さんの頑張りもあって、なんとかくす玉割りを成功させたベーコン。

なでなでされて「こんなの楽勝ニャン」

【動画】『ねことじいちゃん』出演猫・ベーコンがくす玉割に挑戦!
https://www.youtube.com/watch?v=CbUsWphAA3c [リンク]

映画についてのトークでは、岩合さんが「ベーコンは柴咲さんの顔を見た瞬間に、志の輔師匠のひざから飛び降りて柴
咲さんの方に寄って行ったんですよね」と語り、会場からは笑いが。柴咲さんは「ただ新鮮だったから挨拶してくれたんだと思いますよ」と笑顔で謙遜するも、岩合さんはさらに「普段から猫を飼われていて、愛されているんですよね。猫の人だと思いました」というと、柴咲さんは「猫の人」と苦笑いする一幕も。

佐久島での撮影中、柴咲さんが猫のゲージを掃除してくれたというエピソードも。「控室にいたら、猫たちの声が聞こえて。気になって行ってみたらトイレが掃除されていないのを見つけて、スタッフみんなで掃除したんです」と語ると、岩合監督も「それを聞いたときに「えらい」という言葉がでましたね。率先して猫のことを考えてくれたのは、キャストの中でも柴咲さんが No.1だったんじゃないかな。猫への接し方とか表情が、役柄から離れても優しい顔をされているのが素晴らしいことだと思っています」と感謝。

柴咲さんは「猫はきれい好きだと思っているし、こちらの都合で待機してもらっているので少しでも心地よく過ごしてもらいたいと思っていたんですよ。この作品は本当に特殊で、カメラの前に立ってて、顔がこんなにとろけていていいのかなと思ったくらい。でも、岩合さんはこれを撮りたいんだろうなと思っていました。本番でも猫が驚かないように、今回の撮影はカチンコがなかったので、余計に日常と境目がなくて、撮影で猫セラピーを受けているような感じでした」と語り、さらに「猫ももちろん素敵に映っているんですけど、どんなカットにも猫がいる作品って、いままでにないですよね。その猫も伸び伸び過ごしているし、猫の日常が描かれているので、素敵な映画になったんじゃないかと思います」と作品の見どころを語りました。

岩合監督は「子猫が水を飲むところで、足を踏み外してしまうシーンで、(柴咲さんが)すぐに猫を助けてくれたんですよ。そうい
うところが素晴らしい。その素早さにびっくりしました。そういうハプニングが逆に美しさを生んだりするんですよね。いわゆるディレクターズカットってありますけど、僕はいいシーンを全部入れたのでもう作れないです」とコメント。

一方で、冒頭でタマが食卓にあがって大吉の朝食を食べようとするシーンをやった時に、『タマ、よくやった』とベーコンをほめていたところ、後々、志の輔さんが、『あいつは猫しかほめない』と言っていたということも明かし、「志の輔師匠も抱きしめればよかったかな(笑)」とやや反省の岩合さん。

また、大吉の妻役を演じた田中裕子さんの演技力にも驚かされたそう。「タマが枕元に近寄った時にタマの名前を呼びながら、その
目は病弱な人という演技をされていてすごかった」と思いだしながら語ると、柴咲さんから「人間にも興味持ってもらいましたか(笑)」
と言われ、思わず苦笑い。タマの子供の頃を演じた子猫が、岩合監督の家に住んでいるということが明かされると、報道陣からは「うらやましい!」というどよめきが起こりました。

現在は1歳になったばかりだという、タマの子供時代を演じたにゃんこ。兄弟で岩合さんの家にいるそうです。

最後のフォトセッションでも、自由で“天才的”なふるまいを見せてくれた猫のベーコン。報道陣は全員メロメロでした(もちろん筆者も!)

ベーコンが動く度に可愛さのため息が漏れる会場でした。ベーコンさん、お疲れさまでした!

『ねことじいちゃん』公式サイト
http://nekojii-movie.com/

岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」
http://nekojii-photoexhibition.jp/ [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy