ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHAI、2ndアルバム『PUNK』のジャケ写、収録曲情報を発表、本日NHK「クローズアップ現代+」でCHAI特集オンエア

CHAI、2ndアルバム『PUNK』のジャケ写、収録曲情報を発表、本日NHK「クローズアップ現代+」でCHAI特集オンエア

2018年は音楽はもちろんの事、様々な分野から注目を集め、日本だけにととどまらずアメリカ、イギリスでのデビューも果たすなど飛躍の1年となったCHAI。

そんなCHAIの2月13日にリリースされる2ndアルバム『PUNK』のジャケット写真と、収録曲の詳細が発表になった。

“殻を突き破ってニッコリ笑う少女”が印象的なジャケットのイラストのテーマは“新しい私、こんにちは!”。
これまでもありのままの自分をさらけ出し、様々なネガティヴを全肯定してきたCHAI。その想いをBassユウキが描き下ろしたイラストが今回もジャケットを飾っている。

また同時に収録曲情報も公開された。アルバムには、本日主題歌が発表になった斎藤工主演の映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)主題歌「Feel the BEAT」を含むタイアップ曲が多数収録されており、また今回が初となるイギリス、アメリカの海外エンジニアMIX曲も2曲収録と、非常に充実した内容になっている。
映画「麻雀放浪記2020」は報知映画賞「作品賞」、日刊スポーツ映画大賞「監督賞」など今まさに賞レースを総ナメにしている『孤狼の血』の白石和彌監督・最新作。

そして本日1月9日(水)午後10時より、NHK「クローズアップ現代+」にてCHAI特集がオンエアされるのでお見逃しなく。 (内)
(※緊急のニュースが発生した場合、放送日時は変更になることがあります)

【リリース情報】
CHAI 2ndアルバム『PUNK』
発売日 : 2019年2月13日
品番 : CHAI 009
税抜価格 : ¥2,400
発売元 : OTEMOYAN record

〈収録曲〉
1. CHOOSE GO! (GU “GU CHANGE” タイアップ曲)
2. GREAT JOB (CHAI × パナソニック 家事シェア キャンペーンソング)
3. アイム・ミー (リクルート“Follow Your Heart & Music” 参加曲)
4. ウィンタイム (TV ドラマ「ガールはフレンド」主題歌)
5. THIS IS CHAI
6. ファッショニスタ (代表作にBjork / MIA /The xx, Frank Ocean等を手掛けるエンジニアMarta Salogni(UK)MIX)
7. FAMILY MEMBER
8. カーリー・アドベンチャー (代表作にDIIV / Arto Lindsay / Nick Hakim / War on Drugs / Ghostface Killah 等を手掛けるエンジニアDaniel Schlett(US)MIX)
9. Feel the BEAT (映画「麻雀放浪記2020」主題歌)
10. フューチャー

【TVオンエア情報】
NHK「クローズアップ現代+」
2019年1月9日(水)午後10 : 00〜
スタジオゲスト : 渡辺直美、斎藤司(トレンディエンジェル)
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4229/index.html
海外でもご覧になれます。(※世界各国の、NHKワールドプレミアムのチャンネルを契約している方のみ、ご覧いただけます。)
http://nhkworldpremium.com/index.aspx?ssl=false&c=26
※緊急のニュースが発生した場合、放送日時は変更になることがあります

【映画「麻雀放浪記2020」作品情報】
タイトル : 『麻雀放浪記2020』
企画 : アスミック・エース/制作 : シネバザール/配給 : 東映
原案 : 阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト : 斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、
岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか
監督 : 白石和彌

<ストーリー>
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。
そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。
その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。