ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

医療用ロボットスーツ「HAL」を作る日本企業Cyberdyne、2019年にはアメリカの5施設で展開へ

脊髄損傷患者が脚を動かそうとする際、脚に届く信号が弱すぎることがある。神経信号を増幅して動きを補助し、しかもバイオフィードバック機能によって神経活動を強化していくのが、Cyberdyneの医療用ロボットスーツ「HAL」だ。

同ロボットスーツは、2018年3月にはFDA(米国食品医薬品局)による承認を取得。アメリカにおいてリハビリ施設での正式な活用が認められた。

フロリダ州ジャクソンビルにあるBrooksリハビリテーションは、当初HALを活用できるアメリカで唯一の施設だったが、今年はアメリカの5つの施設でHALが展開されることになりそうだ。

・自力で脚を動かすことを目指したリハビリを提供

リハビリでは、脚に9本の電極を装着。電極はかすかな神経信号を検出してHALに送る。まず制御システムが信号を解読し、ロボットスーツが意図した運動を補助する。

さらには、運動が完了したというフィードバックを患者に送り、脳と筋肉の間の信号を強化する。最終的にはHALなしに自力で脚を動かせるようになるのが目的だ。

ReWalkやEksoGTといった医療用ロボットスーツも、患者の意図した動きを補助してくれるが、基本的に着用し続けることが前提となる。

・7人の患者全員に治療効果が認められる

Brooksでは、HALの活用を希望する200人以上の患者をスクリーニングし、そのなかの18人に治療プログラムを施してきた。

これまでに7人の患者がHALによる治療プログラムを完了。その全員で、姿勢の保持、膀胱や腸機能のコントロール、心肺機能が向上といった効果が得られているようだ。

こうしたHALでの治療成果を定量化するために、Brooksは24人の参加者を対象とした3年間の臨床研究を主導しており、2019年にはジャクソンビルの施設を拡張してHAL用のトラックを12本にする意向だ。

・Brooksがバイオフィードバックシステムを拡張

リハビリ中に患者は、スクリーンで進捗状況を確認できる。スクリーンにはそれぞれの脚の筋肉の信号の強度を示すカラフルなチャートが表示され、どの筋肉が運動に関与しているかや、それらが時間とともにどれだけ向上しているかがわかる。

Brooks Cybernic Treatment Centerでは、この優れたバイオフィードバックシステムをもっと活用すべく、患者にとってわかりやすいウォーキングスコアや、臨床医のための詳細レポートを発行することを計画しており、アメリカにおけるHALの展開が加速しそうだ。

参照元:Cyberdyne’s HAL Exoskeleton Helps Patients Walk Again in First Treatments at U.S. Facility/IEEE Spectrum

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき