ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

現地のインド人が『サッポロ一番塩らーめん』を作ってみたらこうなった! YouTubeチャンネル『今日ヤバイ奴に会った』が面白い

「インドに行くと人生観が変わる」と言われるほど、世界中のバックパッカーから人気を集める国・インド。そんなインドでの日常を切り取ったYouTubeチャンネル『今日ヤバイ奴に会った』に投稿されている動画がとても面白いので、いくつか紹介したいと思います。

インドのさまざまな日常風景を伝える動画

『今日ヤバイ奴に会った』ではインドでのさまざまな日常風景の動画が投稿されているのですが、特にオススメなのがグルメに関する動画。ワイルドで大胆な動画の数々は非常に見応えのあるものとなっています。

例えばこちらの「インドのたまご300個スクランブルエッグの作り方」

巨大な鉄板に大量のタマネギを投入し、さらに同じく大量のトマトや唐辛子を加えて炒め、味が濃すぎないか心配になるほどのチリパウダーや塩をワイルドに加えていきます。

動画に淡々と表示されるテキストもいい感じ。

全体を炒めたところで300個の卵を2回に分けて投入し、さらにしっかり炒めていき……

完成したスクランブルエッグがこちら。日本人が思い浮かべる料理のビジュアルとはまったく別モノになっているのに美味しそうにまとまっていて、しかも価格がびっくりするほど安い。こちらはパンがついて100ルピー(150円くらい)とのこと。調理の過程から完成まで驚くことばかりなのです。

インドの屋台でサッポロ一番塩らーめんを作ってもらった結果がヤバい!

こんな感じの動画がたくさんアップロードされているのですが、特にオススメなのが『インドのサッポロ一番塩らーめんの作り方』。ニューデリーの奥まったところにある屋台の袋ラーメン屋に『サッポロ一番塩らーめん』を持ち込み、調理してもらったという動画なのですが、あまりにもワイルドな調理の過程も、あまりにも別の料理になりすぎている完成形もすごいとしか言いようがありません。

屋台のおじさんに『サッポロ一番塩らーめん』を手渡すと、おじさんは「スパイシー?」と確認してきました。ここはもちろん辛めでリクエスト。もちろんおじさんは『サッポロ一番塩らーめん』を見るのは初めてです。

すると油を敷いて熱したフライパンにトマト、たまねぎ、青唐辛子を投入し……

炒めている間になんと『サッポロ一番塩らーめん』を袋のままガシガシと叩き、麺を粉々に砕き始めてしまいました……! 初めて見る商品を迷わず粉々にできる大胆さ、すごい……!

そしてフライパンには大量のチリパウダーと塩を投入。添付のスープは使わないつもりでしょうか。

具材を炒め終えたフライパンに水を入れ、そこに粉々になった麺を投入。胡麻の袋も一緒に投入されてしまっているのはご愛嬌です。

水がグツグツと煮立ったら、さらに『サッポロ一番塩らーめん』のスープも入れちゃいます。かなり味が濃くなりそうですが大丈夫でしょうか……。

ある程度水分が少なくなったところで卵も2個投入。かき混ぜながら8分ほど煮込み続け……

皿に盛り付けて完成! なんと初めて扱う食材の料理を一度も味見せずに完成させてしまいました!

味はカレー風味の雑炊のような感じに仕上がっていて、価格は45ルピー(80円くらい)だったそうです。安い……。昨今ではインスタントラーメンのメーカーもさまざまなアレンジをオフィシャルで提案していたりしますが、ここまで大胆なアレンジはまったく想像していなかったのではないでしょうか。

ガイドブックでは伝わらないインドの魅力

『今日ヤバイ奴に会った』ではほかにも定期的に動画が公開されていて、さまざまな側面からインドのディープな魅力を感じることができます。ワイルドで自由気ままなインド人たちの生活は、普段から細かいことを気にして生きている日本人の生活とはまるで対局。どの動画を見ても新鮮な刺激を受けられることでしょう。

ほかにも姉妹チャンネルとして開設されている、インド料理の作り方の紹介チャンネル『カオカリー』もオススメ。インドに興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

動画・画像:今日ヤバイ奴に会った
https://www.youtube.com/user/tubotubowa/featured

姉妹チャンネル「カオカリー」
https://www.youtube.com/channel/UCHMA_WFUGoc2c9U3-sbBKBw/featured

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき