ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

何の会社? 新幹線車窓でみかける「727」が新聞広告にWikipediaページをまんま採用

何の会社? 新幹線車窓でみかける「727」が新聞広告にWikipediaページをまんま採用

 新幹線に乗っていると、車窓に時折現れる「727」の看板。俗に「あの看板」で知られる、サロン(美容室)専用の化粧品メーカー「株式会社セブンツーセブン」の屋外広告です。看板には社名ロゴしかないため、何をやっている会社なのか知らない人が多数。このため2019年1月7日付で新聞広告を出したのですが、それが「詳細はWEBで」を上回る「詳細はWikipediaで」と、Wikipediaで株式会社セブンツーセブンについて書かれたページをそのまま掲載するという思い切った広告。さすがセブンツーセブン!他社にできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この新聞広告が掲載されたのは、株式会社セブンツーセブンの本社がある大阪府を中心とした2府4県のエリアに配達される朝日新聞(2019年1月7日付)。全面広告で「なんの会社かわかりにくいという声にお応えし、弊社Wikipediaをいったんそのまま掲載します。」という言葉とともに、Wikipediaの「セブンツーセブン」ページをスクリーンショットした画像が掲載されています。

 株式会社セブンツーセブン(727)は、サロン専用のプロ向け化粧品を手がけるメーカーですが、製品と提供するスタッフのクオリティを維持するため、全国のサロン(美容室)でも限られた2~3%でしか提供されていません。看板同様、知る人ぞ知る「727」なのです。このため、製品を実際に目にする人も限られており「看板は目にするけど、何をしてる会社か知らない」ということになっているとか。中には飛行機(ボーイング727)の広告だと思っていた人もいるといいます。

 そんな疑問に応えるため、様々な広告のアイデアがでたものの、会社全体をうまく紹介するという点で難航。結局、全てのことが簡潔にまとめられているWikipediaの「セブンツーセブン」の項目をそのまま掲載すれば一目瞭然だし、世間での認知とズレがなく手っ取り早いということで、この変わった広告が実現したそうです。しかし……なんと大胆な。

 ここで気になるのがWikipediaの項目を丸ごと載せてしまうことについて、著作権はどうなるのか、ということ。著作にWikipediaの情報を無断で転載し、問題になったケースもありました。ここはWikipediaの利用許諾条項(クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス)のもとで、出典を明記した上で利用することで、Wikipediaを運営するWIKIMEDIA FOUNDATIONの了承を得ており、クリアされています。

 セブンツーセブンが新幹線沿線に設置している屋外看板は1979年にスタート。鉄道風景になくてはならないものとして、今や鉄道模型の情景部品(ストラクチャー)も登場しています。「727」のインパクトが大きいのですが、過去には屋外看板が設置された風景を看板にしたりと、実はデザインの変遷があったりします。同社では「727(アノ)看板の正体。」というWEBコンテンツも公開していて、看板に関する様々な疑問について応えてくれています。

情報提供:株式会社セブンツーセブン

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

狸合戦の徳島「金長神社」で正月から期間限定「藍の御朱印」登場
魔法陣で英語を楽しく学習 知育アプリ「スペルマスター」が面白い
未来のカーシェアリングは水の上?クルマみたいに使える水中翼船「Sea Bubbles」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき