ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「お父さんにはもう会いたくない」 離婚問題を描くサスペンス映画『ジュリアン』はホラー映画よりも恐ろしい[ホラー通信]

両親が離婚し、離れて暮らす父と隔週の週末に一緒に過ごす少年ジュリアン。それがあんな恐ろしいことになるなんて……。

フランスで40万人を動員したサスペンスの傑作『ジュリアン』をご紹介します。

離婚調停から始まるこの物語。母も父も11歳の息子・ジュリアンの親権を手放したくないようです。しかし、ジュリアンの陳述書が読み上げられると、そこには「あの男(父親)にはもう二度と会いたくない」という衝撃的な言葉が並んでいたのでした……。

離婚に際して感情的になっている母が何かを吹き込んだのか、あるいは本当に“もう二度と会いたくない”ような父なのか? 調停委員にも観客の我々にも判断がつきません。結果として親権は共同となり、ジュリアンは隔週の週末に父親と過ごすことになるのです。

父のこの表情よ。

この写真でお察しでしょうか、父は決して感心な親ではなかったようです。ジュリアンが父と過ごす時間のヒリヒリとした緊張感が映し出されるとき、嫌な予感は徐々に確信へと変わっていきます。疑ってごめんよジュリアン、本当に会いたくなかったんだね……。しかし父にはわが子と会う正式な権利があり、その時間は一週間おきに必ずやってくるのです。別れた夫と会うことを拒む母。ジュリアンを利用して妻と接触しようとする父。ジュリアンは母を守るために決死の嘘をつき――。

本作を手掛けたのは、これが長編初監督となるグザヴィエ・ルグラン。言葉での説明を最小限に抑え、場の空気感を生々しく切り取ることで言葉以上の情報量を描き出す手腕が見事。派手な演出は一切ないのに、並々ならぬ緊張感からスクリーンに釘付けになってしまうことでしょう。

ラストには観客の心臓を試すかのような衝撃の展開が待ち受けています。物語に幕が下りるとき、このリアリティ溢れる恐怖は自分の身近にも潜んでいるのでは?とまた背筋がぞっとするのです。いやほんと、並のホラー映画より怖いって……。

濃密なドラマを支えるのは出演陣の名演。特にジュリアンを演じた子役トーマス・ジオリアは、表情だけで複雑な感情の奥行きを表現するベテランレベルの演技を見せています。本作が映画初出演というんだからその才能が恐ろしい……。監督もお気に入りだというパーティーのシーンでは、唯一あどけない笑顔を見せているのでそちらにもぜひご注目を。めちゃくちゃかわいいですよ!

作品概要

『ジュリアン』
1/25(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本:グザヴィエ・ルグラン
製作:アレクサンドル・ガヴラス
撮影:ナタリー・デュラン
出演:レア・ドリュッケール ドゥニ・メノーシェ トーマス・ジオリア マティルド・オネヴ

2017 年/フランス/93 分/原題:Jusqu’a la garde/カラー/5.1ch/2.39:1/日本語字幕:小路真由子
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
配給:アンプラグド
Julien-movie.com

(C) 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma

掲載元記事[ホラー通信]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき