ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

百田尚樹さん「『日本国紀』がブックオフに大量に並んだら作家を辞めてもいい」 ブックオフ「結構あるけど…ね…」

昨年2018年11月に「日本国紀」を上梓した作家の百田尚樹さん。同書はさまざまな批判を受けたもののベストセラーとなり、安倍晋三首相(@AbeShinzo)が年末年始の読書用に購入したとSNSで明かすなどして話題となっている。

同書発売前の10月22日、百田さん(@hyakutanaoki)は

自慢します!
『日本国紀』は、めちゃくちゃ面白いです!!
私は通してもう20回以上読み直していますが(部分的には100回以上!)、毎回、面白さに夢中になります。どのページを開いても面白いのです!
こんな面白い歴史書は他にありません。
自分が天才と確信しました

とツイート。それに対し、とあるユーザーが

わいはブッコオフ狙いや。

と返信したところ、百田さんは

ブックオフには出ないと思います。
なぜなら、読み終えた後、「ずっと持っていたい!」「繰り返し、何度も読み返したい!」と思うはずだからです。
もし大量にブックオフに並んだら、作家として私の完敗、いや、物書きの資格なし、です。
作家を辞めてもいいです。

とツイートを行っていた。
2019年1月5日、ブックオフ座間警察署前店 (@bookoffzama)は百田さんの「もし大量にブックオフに並んだら」のツイートを引用し

…結構あるけど…ね…

とツイートを行った。話題となり多くのリツイートや「いいね!」を集める。

「そういったツイートはいかがなものか」

といったような返信も寄せられる一方で、

「ワロタ」
「サイコー」
「これは火の玉ストレート」

といったような、ツイートを支持する返信も多数寄せられていた次第である。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき