ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あおり運転対策に電光式サインでメッセージ表示

あおり運転対策に電光式サインでメッセージ表示

最近は「あおり運転」という言葉に象徴されるように、ドライバー間の意思疎通の齟齬が原因となって、事故や事件に発展することも少なくありません。そんな問題を解決するヒントになるアイテムが住宅環境設備の「3Qsign(サンキューサイン)」です。さっそく車に取り付けて使用してみました。

電光式サインに5種類のメッセージ

3Qsignは、特許を取得しているという透明なフレキシブル基板に高輝度LEDを配置。ワイヤレスリモコンのボタンを押すと「ありがとう!」「お先にどうぞ」といったメッセージが表示されます。

設置はリヤウインドウに磁石で貼り付けるだけととてもシンプルです。後方から見ると、交通取り締まり用パトカーの電光式サインを彷彿とさせる佇まい。それだけに後続車から見るとかなりインパクトがあります。

3Qsignに用意されているメッセージは全部で5種類。すべてのメッセージとリモコンボタンの位置を覚えられるように、あえて5種類に絞られています。実勢価格は200,000円です。

電光式サインは文字をはっきり表示

今回は3Qsignをワゴン車のリアウインドウに装着。ガラスには濃いスモークがかかっていたものの、メッセージの見え方には全く影響しません。また、どんな光線下でも文字をはっきり表示させることができました。

走行中にサインを表示させた時の後続車のドライバーの様子を観察してみましたが、意外とその反応はこちら側からは分からないもの。メッセージの内容が、何かの対応を求めるものではないからでしょう。

ただ、「バックします」「お先にどうぞ」といったメッセージは、それに対して後続車も対応を考えることができて有効かもしれません。今後はスマホアプリと連動させて、音声認識でドライバーの言葉をそのまま表示できるといった進化に期待したいところです。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき