ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「魔貫光殺砲」や「気円斬」光る必殺技に“栽培マン戦のヤムチャ”名シーンも再現!J-WORLD『ドラゴンボール』超フォトスポットが楽しい

2018年12月14日(金)に全国公開された『ドラゴンボール』の最新映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開2週間経たずにシリーズ最速で興行収入20億円を突破する大ヒットで上映中! 劇場版20作めにして最高傑作の声が多くあがっている本作。まだまだ進化する『ドラゴンボール』にワクワクさせられます。

そんな“ドラゴンボール熱”が高い今、さらに気分が盛り上がる場所が東京・池袋にある“ジャンプ”作品の世界観で遊べるテーマパーク「J-WORLD TOKYO」! ※2019年2月17日で営業終了。

メインエリアには神龍(シェンロン)のアーチで出迎えてくれる『DRAGON BALLエリア』があり、アトラクションもあるのですが、立体的に再現されているフォトスポットがめちゃくちゃオススメ!

以前から筋斗雲や宇宙船ポッドなどがあり、壁にイラストで描かれたフォトスポットも存在しましたが、2017年後半に光ったり立体のオブジェで再現された“超フォトスポット”が登場。

クリリンの気円斬!

ピッコロの魔貫光殺砲!

など、必殺技を光る立体オブジェでリアルに再現した写真が撮れちゃうんです!

さらに、栽培マン戦のヤムチャの名シーンを再現できるフォトスポットも! きちんと栽培マンの腕が転がっているのがいいですね。

現在、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』をモチーフとした期間限定イベントも開催中。コラボフード&デザート(全6種)の販売や、映画に関連したアトラクションやミニゲーム、オリジナルグッズが登場しています。

今回の映画で重要なアイテムとなっている宇宙船ポッドもあるので、ぜひ乗り込んでサイヤ人の気分を味わいましょう。

ちなみに、郵便局[ぽすくま]のLINEトークに写真を送ると、年賀状デザインに加工してくれるのをご存知でしょうか?

デザインは選ぶこともできるようですが、ランダムでもなかなかシチュエーションにぴったりの年賀状になりました。

そして、冒頭でチラッと書きましたが、2013年に誕生したJ-WORLD TOKYOは2019年2月17日をもって閉園することが決定しています……。アトラクションを楽しみつつ、フォトスポットで遊べるのもあと1か月余り。このチャンスを見逃さないで!

J-WORLD TOKYO:
https://bandainamco-am.co.jp/tp/j-world/

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』in J-WORLDイベントページ:
https://event.bandainamco-am.co.jp/j-world/dragonball_movie20th/[リンク]

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。