ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年は、こんな紅白〇〇合戦も… 年末年始の読書に絶対使える!

今年は、こんな紅白〇〇合戦も… 年末年始の読書に絶対使える!

年末年始の恒例行事といえば、毎年のように視聴率の低下が指摘されながらも、大晦日の楽しみとして今でも高い人気を誇る「NHK紅白歌合戦」でございます。

今年で「第69回」というゴイスーな歴史をもつ日本を代表するエンタメでございます。そんな紅白をパクった、いや、その歴史と人気にあやかった企画も、世の中にたくさんございます。なかでも有名なのは、桑田佳祐様の「ひとり紅白歌合戦」。また最近では「AKB48紅白対抗歌合戦」というのもあるようでございます。

そんななか、こんな紅白〇〇合戦もあるのをご存知でしょうか…

新潮文庫が行っております「紅白本合戦」でございます。ちなみに今年は第4回。ラインナップをちょこっとご紹介すると、紅組のメンバーは、湊かなえ、原田ママ、知念実希人、藤岡陽子、辻村深月、朝井リョウ、吉田修一、…。対する白組は、早見和真、米澤穂信、宮部みゆき、村上春樹、海堂尊、高杉良、…。

「おやっ」と思われた方も多いのでは…。そう、作者の性別で紅白を分けているのではございません。実はこの企画、男性に売れた文庫本を「白組」に、女性に売れた文庫本を「紅組」に分けて、ランキングで発表するという企画なのでございます。

つまり、紅組の1位は、ことし女性に売れた文庫本のナンバーワンということでございます。

書店によっては、文庫本のコーナーでPOPがあるので、もうご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。この年末年始、本を読もうと思われている方には、朗報でございます。

この「紅白本合戦」、発表されているランキングは10位までなのですが、こちらで5位までをご紹介させて頂くと…

紅組1位「豆の上で眠る」(湊かなえ)、紅組2位「暗幕のゲルニカ」(原田マハ)、紅組3位「螺旋の手術室」(知念実希人)、紅組4位「手のひらの音符」(藤岡陽子)、紅組5位「ツナグ」(辻村深月)。

白組1位「イノセント・デイズ」(早見和真)、白組2位「満願」(米澤穂信)、白組3位「悲嘆の門」(宮部みゆき)、白組4位「警官の掟」(佐々木譲)、白組5位「村上さんのところ」(村上春樹)、となっております。

6位以降が気になる方は、是非、書店に足を運んで頂ければと…。

年末年始、帰省、旅行される方、けっこういらっしゃると存じます。電車、飛行機、バス等で移動される際に、コンパクトな文庫本はオススメでございます。年末年始の読書に是非、「紅白本合戦」、使われてみてはいかがでございましょう。

(文:N田N昌)本(ほん) 2018年12月号 (2018年11月25日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。