ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

iPhoneとAndroidに搭載されている隠しコマンド

iPhoneとAndroidに搭載されている隠しコマンド

iPhoneの隠しコマンドで起動する「フィールドテストモード」は、電波強度を数値表示にできることで知られています。しかし、iOS11以降はフィールドテストモードに入れるものの、電波強度が数値化されなくなりました。そんなiPhoneとAndroidに搭載されているテストモードの隠しコマンドを紹介しましょう。

iPhoneの隠しコマンドの電波強度

iPhoneの隠しコマンドの入力は、標準の電話アプリから行います。表示をキーパッドにしたら「*3001#12345#*」と入力。最後に発信ボタンを押すのです。これで「Field Test」と表示されたテストモードに入ります。

表示されたメニューから「Serving Cell Info」を選択すると「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類が知ることが可能。「41」ならソフトバンクもしくはauのLTEバンド…といった具合です。

なお、iOS10まではフィールドテストモードに入ると、画面の上にある電波強度が数値化され、電波強度を数字でより詳しく知ることができました。しかし、iOS11からは電波強度の数字表示には対応しなくなったようです。

Androidも電話アプリでコマンド

ちなみに、iPhoneの隠しコマンドで表示されていた従来までの電波強度の数字を知りたい時は「Serving Cell Measurements」をタップ。「Average RSRP」に電波強度が表示されています。

Android端末でも、特定の数字と記号を打ち込むことでテストモードに入ることが可能。Androidの隠しコマンドも、電話アプリを立ち上げて入力します。「*#*#4636#*#*」と入力すればテストモードに遷移するのです。

画面には「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示されているはず。端末によって表示されるメニューに違いがあるようです。「使用統計情報」や「Wi-Fi information」などで使用時間やログが確認できます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき