ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原子力規制組織の法案「政府・与党が自公案を丸のみ」とは本当か――中心人物に直撃

原子力規制組織の法案「政府・与党が自公案を丸のみ」とは本当か――中心人物に直撃

原子力規制機関の新しい法案について政府民主党が「自公案を丸のみ」したとの報道が流れたが、これまで自民党内のプロジェクトチームの中心にいた議員はこのことを知らないという。一体どうなっているのか。実体のよくわからない「実務者協議」とは何か。自民党プロジェクトチームの中心にいた塩崎議員にきいた。

塩崎議員に質問

東京プレスクラブ(TPC): 原子力規制組織の法案について、「政府・与党が自公案を丸のみ」と報じられています。与野党協議は順調に進んでいるのですか?

塩崎議員: いや、私は、協議に参加していませんし、知りません。私は、この法案は、密室談合で与野党協議をするのでなく、オープンな国会審議の場で議論すべきとかねてより主張してきました。

TPC: たしかに、「仙谷議員、林議員、齊藤議員で実務者協議」という記事もあります。しかし、これまで、この法案を中心になって進めてきたのは、塩崎議員ですよね? 塩崎議員抜きで「実務者協議」などありうるのですか?
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201205110147.html

塩崎議員: 自民党内のプロジェクトチームで、この法案を中心になって進めてきたのは、私と、川口順子元外相・環境相、吉野正芳議員、柴山昌彦議員ですが、いずれも協議に加わっていません。プロジェクトチームでは数か月にわたって、IAEA基準、諸外国の制度など、徹底的に研究したうえ、法案を作ってきました。こうした検討の中味を十分分かっていない人が協議したのでは、心配ですね。

TPC: よく分かってない人たちで、おかしな決着をしてしまうのは、大変困りますね。ポイントを理解せずに、間違った合意をしてしまいかねません。どうしたらよいのでしょう?

塩崎議員: 水面下の密室協議などせず、国民の前でオープンに議論することです。こういう重大な問題を、国民の目の届かない密室で決めるべきではありません。

TPC: たしかに、国民の見えるところで議論してもらえれば、安心です。

以上

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy