KENNが浪川大輔に衣装を貸したことも! プロジェクト7周年「今はお互い分かり合って補える関係」 TVアニメ『明治東亰恋伽』インタビュー

access_time create folderエンタメ

KENN:僕も存じ上げないんですけど、すごく良いと思いますよ(笑)。

浪川:あはは! 誰が歌ってるんだろう? まあクレジットとかで出るだろうけどね。

KENN:どうやら初期の頃から担当している方らしいですよ。

浪川:ああそう。外国の方?

KENN:ちょっと存じ上げないですけど、やっぱり回を重ねるごとに、スタッフさんとともに良いものを作り上げていこうという気持ちが強いみたいで。ディスカッションして『めいこい』の世界観をどうやって歌で表現していこうかと、いつも考えているみたいです。

浪川:オープニングで掴みはもうばっちりだもんね。

KENN:やっぱり主題歌って作品のひとつの顔でもあると思うので、そこで興味を持ってもらえたり、作品の世界観をどう伝えるかは大事なところだと思います。

浪川:主題歌はいつも本当に良いと思う。今度ご挨拶させていただきたい。

KENN:すごく良い人だと思いますよ。今度紹介します(笑)。

浪川:会ってみたいわ。今度紹介して。飯行きたいって言っておいて(笑)。

70年後も取材を……

――では、自分が明治時代にタイムスリップするとしたら何をしたいですか?

KENN:牛鍋を食べたいです。

浪川:やっぱり今と味は違うのかな?

KENN:当時の流行りの味付けはどうなのかな?と、僕は食が気になってしまいますね。

浪川:僕は、現代の科学の粋を集めたものを持って行って、金儲けしたいと思います。すごくチヤホヤされるでしょうね!

――例えば何を持っていきますか?

浪川:とは言っても、Wi-Fiもないし電波を使う機器だと使えないと思うので、電池くらいで使えるものがいいんじゃないですか? だから、頭のおでこに付けるライト。

KENN:それでも十分すごいですよね。

浪川:絶対に炭鉱とかで必要だし、すごい金持ちになれるよ。

――LEDだったら明るいし長く点いていますし。

浪川:「なんかあいつ、ずっと点いてない?」みたいになるじゃん。もう大ヒーローだよ。それで地主になってきます。

KENN:考え方が大人だな~(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

浪川:前から『めいこい』を応援してくれる人、今回のTVアニメで初めて知る方もいらっしゃると思いますが、もちろん今回からでも入ってくることが出来ますし、前から知っている方は新たな面が見られると思います。タイムスリップはしていますが、とてもわかりやすい王道の恋愛ストーリーなので、そのまま素直に受け入れていただければ非常に楽しめるアニメだと思います。これによってまた続くかどうかも変わってくると思うので……今7年で、これが70年になるかもしれません。ぜひ、70年後にも取材をしていただき……って、ここにいる誰も生きてないか!

KENN:わからないですよ!

浪川:だって100歳超えてるよ?

KENN:その頃は医療が発達してますから(笑)。

浪川:そうだね(笑)。ぜひ、ずっと続けていきたい作品だと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。

――ありがとうございました! 放送を楽しみにしています。

TVアニメ『明治東亰恋伽』
2019年1月9日(水)よりTOKYO MX、 テレビ愛知、 BSフジほかで順次放送
【アニメ公式サイト】
http://meikoi.com/tv-anime/
<STORY>
赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。
目を覚ますと、そこは明治時代の「東亰」だった!
戸惑う芽衣を助けたのは、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ、着いたところは鹿鳴館。高官たちが集う華やかな舞踏会の場で、泉鏡花、川上音二郎、小泉八雲、藤田五郎といった歴史上の人物たちと出会う。この世界では、日没から明け方の「朧ノ刻(おぼろのとき)」に、「物の怪」たちが姿を現す。その姿を見ることができる者は「魂依(たまより)」と呼ばれ、芽衣もこの力を持っていた。慣れない生活の中、彼らと触れ合い芽生えていく恋心。「魂依」の力は、芽衣と彼らをより強い絆で結びつけていく。しかし、現代に戻るチャンスは一か月後の満月の夜。芽衣が選ぶのは現代か、それとも……。少し不思議な明治の東亰で、時を越えた恋の物語が開花する。

<CAST>
綾月芽衣:諸星すみれ
森 鴎外:浪川大輔
菱田春草:KENN
川上音二郎:鳥海浩輔
泉 鏡花:岡本信彦
藤田五郎:福山潤
小泉八雲:立花慎之介
岩崎桃介:細谷佳正
チャーリー:森川智之

<STAFF>
原作:MAGES./LOVE&ART
監督:大地丙太郎
キャラクターデザイン・総作画監督:山中純子
脚本:はるか、 高橋幹子 脚本監修:魚住ユキコ
美術監督:佐藤 勝 色彩設計:加藤里恵 撮影監督:佐々木明美 編集:藤田育代
音響監督:たなかかずや 音楽:SHIKI
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

(C) LOVE&ART/めいこい製作委員会

前のページ 1 2 3 4
access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧