ケンタッキーがフライドチキンの香りがする薪をアメリカで発売という暴挙に出るが――即完売

access_time create folderエンタメ

アメリカ北東部など冬の寒さが厳しいエリアでは、普通の家にも暖炉があったりします。エアコンの暖かさと違い、自然の温もりと木が燃えるにおいは人間をなんとも落着いた気分にさせてくれるものです。


https://twitter.com/kfc/status/1073215970527694851

SNSで拡散されることを至上命題としているのか、とにかく他社を圧倒するような驚きのプロモーションを仕掛けるのがアメリカのファストフード業界のスタンダードになっている昨今ですが、ホリデーシーズンを前に『ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)』が、“フライドチキンの香りがする暖炉用の薪”をアメリカで期間限定発売しました。1人1セット限定という条件付きで18.99ドル(約2100円)という価格でオンライン販売を開始したところ、1時間そこそこで完売してしまいました。

KFC is rolling out a fire log that smells like fried chicken (YouTube)
https://youtu.be/qdwF5T4GZmI

多数のテレビ局がニュースとして取り上げました。うなぎ屋や焼き鳥屋の前を通ると、においにつられて無性に食べたくなるものですが、フライドチキンの香りがする薪も同じ様な効果を狙っているのは間違いなさそうです。

※画像:
https://www.prnewswire.com/news-releases/kfc-will-warm-your-hearth-this-winter-with-fried-chicken-scented-firelogs-300764838.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧