ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セイコーマートの缶コーヒーシリーズを飲み比べ

セイコーマートの缶コーヒーシリーズを飲み比べ

コンビニにはプライベートブランド(PB)の商品が並び、中でも人気なのが100円の入れたてコーヒー。とはいえ、持ち運びにはちょっとばかり不便なのも事実です。手軽に飲めるのはやっぱり缶コーヒーでしょう。缶コーヒーにもコンビニのPB商品があり、バリエーション展開をしているのが「セコマ」です。

北海道「セコマ」のPB缶コーヒー

セブン、ファミマ、ローソンの3大コンビニを抑えて、2016~2018年の3年連続で顧客満足度第1位に輝いたセイコーマート。北海道で1,000店舗以上を展開し、道民に最も親しまれている地域密着型のコンビニです。

その人気の秘訣は北海道産の食材を使った、地産地消のプライベートブランド(PB)の「セコマ」にあります。セイコーマートの略称「セコマ」が、そのままPBとして使われていることからも、力の入れ方がうかがえます。

そんなPB商品の中から缶コーヒー「GRANDIA(グランディア)」シリーズをアイスで飲み比べてみました。すべて190g入りのショート缶で90円。日常的に飲む人には、100円を切る価格も大きな魅力です。

セコマの缶コーヒー6本を試飲

セコマのGRANDIA缶コーヒーシリーズの6本はそれぞれ特徴のある味わいで、牛乳は宗谷地方の豊富町産にこだわっています。「カフェオレ」は甘みが強いのですが、牛乳のまろやかさがあり、後味の良さが際立ちます。

「深煎り」は深煎りローストの香ばしさがあり、ミルク感を抑えたベーシックな製品です。GRANDIAシリーズはニセコ山系の水を使用しており、「ブラック」は水のおいしさをより引き立ててくれます。

「微糖」はブラックが苦手な人にピッタリで、苦みを抑えたミルク感が特徴です。「直火焙煎」は甘みとミルク感が強めで缶コーヒーの苦みが苦手な人でも飲めます。「キリマンジャロ」は甘みは控えめで酸味のある後味が好印象です。

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニWi-Fiに自動接続してくれる神アプリ
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ
コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う
コンビニがさらに便利に使える無料アプリ4選

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。