『SAO』作者公認で命名! VRサービスを往来可能なプラットフォーム『THE SEED ONLINE』2019年2月中旬提供開始

access_time create folderエンタメ

VRM形式のデータを各種VRサービスで連携可能にするデータ投稿プラットフォーム『THE SEED ONLINE』が株式会社バーチャルキャストより発表されました。

今回発表された『THE SEED ONLINE』は、VR環境で利用できるVRM形式のアバタ―、アイテムなどのあらゆるデータを複数のVRアプリケーションで共通のデータとして利用することが可能になる3Dアバター&3Dデータ投稿プラットフォームです。

2019年2月中旬の提供開始を目指しており、サービス開始時は『バーチャルキャスト』や『カスタムキャスト』、『SHOWROOM V』との連携が予定されています。プラットフォームの垣根を超えた3Dアバターの往来が可能な未来がやってきます。

アイテムや背景なども複雑なものが共有可能になり、投稿データを『THE SEED ONLINE』上で販売することもできます。これにより、3Dデータの作成、投稿、利用、販売といったことがすべて『THE SEED ONLINE』上で実現可能となります。

『THE SEED ONLINE』今後の展望

今後はアバターだけでない3Dデータやアイテム、それらを組み合わせたギミックを組み込めるプログラミング環境の提供し、さまざまなプラットフォームで使用出来る遊びをつくり、流通できる仕組みを提供予定です。

また、投稿された3Dデータの複製や再利用を防止し、著作権益を保護する機構を開発し、3Dデータ資産を持つゲームメーカーやIP権利者と提携した、各3D/AR/VR/MRサービスで使える、3Dデータの流通、収益化を目指していきます。

また、『THE SEED ONLINE』の名称は『ソードアート・オンライン』作中の“ザ・シード”に感銘を受けて命名されています。“ザ・シード”は、『ソードアート・オンライン』作中に出てくるVRMMORPG制作及び自動制御を行うことができるフリーソフトの名称。作中では主人公のキリトによりこのソフトウェアが世界中に展開されたことで様々なVRMMORPGが生まれることになりました。この名称の使用にあたり、『ソードアート・オンライン』の著者である川原礫先生に許諾を頂いているとのこと。『ソードアート・オンライン』の世界とは異なりますが、VR世界の未来を担うサービスになる可能性を感じさせます。

バーチャルキャスト
https://virtualcast.jp/

access_time create folderエンタメ

srbn

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧