ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強烈なポスターがSNSで大反響! 水谷千重子50周年記念公演『とんち尼将軍 一休ねえさん』

“タレントの友近さんにそっくり”なことで知られる演歌歌手の水谷千重子さんが2019年2月から3月にかけて50周年記念公演 『とんち尼将軍 一休ねえさん』を開催する。

江戸時代を背景に、一休宗純の血を引く一休ねえさんが昼は小坊主、夜は遊女の顔を使い分け数々のとんちで民を救い悪に立ち向かうという壮大なストーリーで、原田龍二さん、YOUさん、ハリセンボンゆりやんレトリィバァさんなど豪華出演者が目白押し、会場は明治座(東京都中央区)という大舞台だが、なにより話題を呼んでいるのがそのタイトルとポスター画像のインパクト。

涅槃のポーズで横たわる小坊主姿の水谷さんに艶めかしい書体の「一休ねえさん」タイトルがからみつき、なんとも言えない迫力とバカバカしさ、いかがわしさを醸し出しているのだ。

『Twitter』などSNS上ではユーザーから

「とんち尼将軍一休ねえさん、とにかく無茶苦茶強そうなのは伝わった。勝てそうな気がしない」

「『一休ねえさん』のネーミングのパワーが凄い 私も大阪来たら行きたいです」

「タイトルに?が詰まってる…見たい気がする」

「これ本当興味ある。一休宗純の血を引く一休ねえさんってどうなんだろうか。千重子さんも演技力あるわけやし…是非成功して全国公演なんかあってもな…良いんじゃないかと。」

などショックと全国公演を望むコメントが多数あげられている。

なお公演はお芝居と歌の2部制で、歌の部『千重子オンステージ 歌えばコブシの花が咲く』では往年のヒット曲からコブシ満開で人気のポップスカバー曲までさまざまな楽曲を披露。

春澪(宮迫博之)八公太郎(バッファロー吾郎A)六条たかや(徳井義実)倉たけし(秋山竜次)こまどり姉妹などお芝居に負けない豪華ゲストが日替わりで出演する。

水谷千重子50周年記念公演『とんち尼将軍 一休ねえさん』

【会場】
明治座
https://www.meijiza.co.jp
東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号

【出演】
水谷千重子、原田龍二、YOU、あご勇、バッファロー吾郎A、ずん(飯尾和樹、やす)、ハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)、シソンヌ(じろう、長谷川忍)、尼神インター誠子、ゆりやんレトリィバァ、高橋ひとみ、田山涼成など

【日時】
2019年2月22日~3月4日

【チケット】
料金(税込):S席(1階席・2階席正面)12,000円
A席(2階席左右・車いすスペース)8,000円
B席(3階席)6,000円

※6歳以上有料。5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください
※3月3日は東京マラソン開催のため、明治座付近で交通規制が行われます。お時間に余裕をもってご来場ください。

【予約】
明治座チケットセンター03-3666-6666(10:00~17:00)
インターネット予約「席とりくん」
https://www.meijiza.co.jp/sekitori/
明治座切符売場(12/12以降 10:00~17:00/18:30開演日は19:00まで)

チケットよしもと
0570-550-100(24時間受付)[Yコード:107021]
http://ticket.yoshimoto.co.jp

※画像は明治座オフィシャルサイト、『Twitter』から引用しました

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy