もう『Prime Video』専用端末にしてもいいんじゃないか 10.1インチタッチスクリーン搭載スマートスピーカー『Amazon Echo Show』レビュー

access_time create folderデジタル・IT

メニュー画面から「Prime Original」「Prime 映画」「Prime TV番組」を選択するとコンテンツの一覧を表示。タイル状で見やすく、選びやすいUIが採用されています。

タイトルを知っていれば「アレクサ、Prime Videoでドキュメンタルを再生して」と音声操作で再生できるほか、「10秒進めて」「1分戻して」と再生操作を音声で操れるのがなかなか便利。

10.1インチの画面は、1人か2人で見るには十分なサイズ。机やテーブルに置くと、座ったときにちょうど見やすい角度に画面が向き、どっしりと安定して置けるので安心感があります。そしてスピーカーからは迫力あるサウンド。タブレットで試聴するのとは別格の視聴環境が実現します。もう『Prime Video』専用端末にしてしまってよいのでは、と思うぐらい快適でした。

ビデオ通話やメッセージの受信に対応

前面には500万画素のカメラを搭載。スマートフォンの『Alexa』アプリで「呼びかけ」を実行すると『Echo Show』がビデオ通話モードになり、スマートフォンと『Echo Show』の間でビデオ通話ができるようになります。『Echo Show』同士、あるいは『Echo Show』と『Echo Spot』の間でもビデオ通話が可能。

プライバシーが気になる場合は、『Alexa』アプリから『Echo Show』の呼びかけへの対応をOFFにできるほか、『Echo Show』を“おやすみモード”に切り替えることで一時的に呼びかけを無効にできます。

スマートフォンの『Alexa』アプリから、テキストメッセージを送信することも可能。メッセージを受信した『Echo Show』は、内容を音声で読み上げてくれます。家族への伝言メモに活躍しそうですね。

『Echo Show』は、本体カラーがチャコールとサンドストーンの2種類をラインアップ。価格は2万7980円(税込み)です。

前のページ 1 2 3
access_time create folderデジタル・IT
shnskの記事一覧をみる

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧