ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニサンドイッチをコスパで選ぶならどれ?

コンビニサンドイッチをコスパで選ぶならどれ?

コンビニの人気商品がサンドイッチ。定番の3種「たまごサンド・レタスサンド・かつサンド」の具の大きさを測定しました。全体の重量に占める割合から、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンのコンビニ3社で、それぞれサンドイッチのコスパを算出。買うべきコンビニサンドイッチはどれでしょうか。

たまごサンドはファミリーマート

コンビニサンドイッチのたまごとレタスに関しては、3社ともに価格に大きな差はありません。しかし、かつサンドは大きさや価格がバラバラ。特に、ローソンは2個入りのうち1つはハムカツでした。ここでは具の量は1つ分を測定し全体の総重量で割り、2倍してパーセンテージを算出しました。

まず、たまごサンドはファミリーマートが1位。価格198円で総重量117.9gのうち具が38.7g(1個)、全体の具の割合が6割越えの65.6%でした。

2位のセブンは224円で総重量130.4g、具の量36.1g(1個)、全体の具の割合が55.4%。3位のローソンは220円で総重量125.8g、具の量31.2g(1個)、全体の具の割合が49.6%という結果でした。

かつサンドは食べ応えのあるセブン

レタスサンドも、ファミリーマートがコストパフォーマンスでは1位です。価格は248円で総重量107.6g、具の量は28.5g(1個)、全体の具の割合は52.9%となっています。2位はセブンは257円で具の割合が50.5%。3位のローソンは248円で具の割合が43.0%です。

一方、かつサンドは、348円で総重量239.3gという食べ応えで他を引き離したセブンが1位という結果になりました。具の量は64.8g(1個)、全体の具の割合が54.2%です。

かつサンド2位のローソンは、257円と安く総重量が160.3g、具の量54.4g(1個)、全体の具の割合は67.9%ですが、半分がハムカツなので次点。3位のファミリーマートは368円で総重量146.8g、具の量が41.8g(1個)、全体の具の割合は56.9%でした。

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニWi-Fiに自動接続してくれる神アプリ
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ
コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う
コンビニがさらに便利に使える無料アプリ4選

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy