ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

インスタをかわいくする方法って?人気インスタグラマー小沼瑞季が伝授!

インスタグラムを見ていると、かわいい写真がいっぱい!

 

自分もこんなふうにオシャレな写真が撮りたい…と思ってる人も多いのでは?

 

そこで今回は、フォロワー数が11万人を超える、人気インスタグラマーの小沼瑞季さんに「インスタをかわいくする方法」を教えてもらうことに!

  【今回教えてくれたのは…】

インスタをかわいくする方法

小沼瑞季さん

1991年9月14日生まれ、神奈川県出身。

インスタグラマー、読者モデル。

現在はインスタグラムとカフェのコンサルタントを中心に活動中。

インスタをかわいくするために事前にやること

スポットの色合い、映えるメニュー、混雑状況を事前にリサーチ!

インスタ映えする写真を撮りに行くぞ!」と思った日は、事前にスポットのリサーチをします。

 

例えばカフェに行きたいと思ったら、インスタのハッシュタグで「渋谷カフェ」「鎌倉カフェ」などとエリアを絞って検索して、投稿写真をバーッと見ます。

 

そのなかで「かわいい!」と思う写真があったら、投稿文に書かれているお店の名前をメモして行くようにしています。

インスタをかわいくする方法

※インスタのハッシュタグ検索で「かわいい!」と思う写真を探そう

  あとはTwitterで「Fashion Press」や「VOGUE GIRL JAPAN」といったトレンドを発信しているアカウントをフォローしているので、その投稿からインスタ映えスポットをリサーチすることもありますね。

 

さらに、リサーチするのは行き先だけでなく、そこで「何を撮るか」まで小沼さんは事前に決めておくのだそう!

 
カフェに行くなら、事前にメニューを調べておいて「カラフルなレインボーケーキとティーポットがかわいい紅茶を頼もう」というところまで決めています。

 

そうすれば、どんな並べ方にすればかわいく写真が撮れるかを事前にイメージできたり、そのお店の写真を投稿しているインスタグラマーさんを参考にしたりできるので、満足度の高い写真が撮れます!

 

インスタをかわいくする方法

※事前に何を撮るかまで決めておくとGOOD!

 

また、混雑する時間帯は、どうしてもほかのお客さんが映り込んでしまうので、すいている時間帯がいつかも事前にリサーチ!

 

インスタ映えを目指すなら平日の午前中がベストだけど、学校がある高校生は土日の朝が狙い目だとか!

 

インスタをかわいくするには「服の色」も行先のカラーに合わせて

 

インスタをかわいくする方法

※インスタをかわいくするなら撮影スポットとのコーディネートも重視して スポットの色合いによって、コーディネートも工夫しています。

 

例えば背景がピンクの場所なら、白や黒の服を着ることが多いですね。

 

白い服は背景の色を邪魔しないので、カラフルなスポットに行くときはよく活用しています。

 

インスタをかわいくする方法

※白い服は背景の色を邪魔しない

 

自然光は最強!日が入らない場合はかわいい色や柄を探そう

 

インスタをかわいくする方法

※自然光だけで盛れる!日が入らない場所ではかわいい色や柄を探そう

  お店の中で席を選ぶときは、なるべく自然光が入る場所を選びます。

 

自然光が当たっているだけで料理も人も盛れるので、天気がいい日はテラス席で撮ることも多いですね。

 

日が入らない場所なら、ピンクのテーブルやハート柄の壁など、かわいい色や柄が写り込む席を選んでいます。

 

人物をかわいく撮る

正面はNG!かわいくするにはカメラに対してナナメに映るのがベスト

 

インスタをかわいくする方法

※自然でかわいい写真にするには「ナナメ」がポイント

  人物の向きは、正面だと証明写真みたいになってしまうので、インスタ映えを目指すなら、カメラに対して少し角度をつけたほうがいい感じに撮れます!

 

人物、表情がイマイチになってしまうこともあるので、同じ立ち位置でも何枚か撮っておくと自然な笑顔やいい表情がおさえられますね。

 

あとは、右、左、など立ち位置を変えて撮っておくと、よりベストショットがねらえます。

インスタをかわいくする方法
1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき