ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よるしかあそべない、ふしぎなあーるぴーじー『ヨルダケ』 こんやも、さまようあにをおいかけます。

人、動物の睡眠規則が乱れることに起因して生じる睡眠障害の一つに、「睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)」がある。別名「夢遊病(むゆうびょう)」と呼ばれるこの病気は、睡眠中に発作的に起こる異常行動で、無意識の状態で起き、歩いたり、何かを行った末に再び眠りに着くが、その間の出来事の記憶がない状態ことを言う。その時間は数十秒から30分以上に及ぶことがあり、特に子供によく見られる。

しかし、成人して以降もこの症状を発するケースも少なくなく、昨今ではドラマ『踊る大捜査線』の新城賢太郎役などで知られる俳優の筧利夫氏が関西テレビの某番組にて告白したことがニュースとなった。
yorudake_01

今回紹介する『ヨルダケ』の作者でイラストレーターのじゃむさんっぽいど氏も、夢遊病ではないかと疑惑をかけられた過去があるという。更に毎晩夢を見ることも多かったとのことで、それらの経験を元に本作を個人的に作るに至ったようだ。

2018年9月25日より「ふりーむ!」にて、PC(Windows)用フリーゲームとして配信されている。

あそべるのは、よるだけです。ことばもわかりません。

内容は探索に重点を置いたロールプレイングゲーム。
yorudake_02

ある所に「ヨル」と「オセ」の双子の兄弟がいた。
ここ最近、兄の「ヨル」は毎晩、外へと虚ろな目で出かけて行ってしまうようになった。
そんな兄を心配した弟の「オセ」は、その後を追いかける。
yorudake_03

兄を追いかけた先に待っていたのは、異様な景色が広がる地下世界だった。辿り着いて間もなく、兄が奥へと進んでいく姿を目にしたオセは、引き続きその後を追う……というのが、物語のあらましだ。
yorudake_04

本編は横にスクロールするマップを進み、何かに導かれるように地下世界の奥へ向かう兄を追いかける形で進む。ただし、行く先々には様々な障害が待ち受けており、それらを潜り抜けたり、時にはオセに襲い掛かる敵と戦ったりしていくことになる。

更に本作はタイトルの通り、”夜だけ”しかプレイできない。ゲーム側に制限がかけられていて、午後21時から午前3時以外にゲームを進めることができないのだ。一応、ゲーム本体の起動はできるが、最初から遊ぶ、途中から遊ぶのどれを選択しても本編をプレイすることはできない。特殊なメッセージが表示される、主人公が就寝中の姿が映し出されるだけとなる。
yorudake_05

まさに名は体を表すがごとく。あまりにも革新的な仕掛けとなっている。

更に続けて、本作では台詞、インターフェース周りのテキストが日本語、外国語ですらない、独自言語で記述されている。なので登場人物の会話、インターフェースの表示共に何を言っているのか、何が書いているのかを理解することができない。
yorudake_06

一応、各文字は日本語の五十音順に基づいて関連付けられているほか、ヒントも散りばめられているので、それを見出せば分かるようになっている。だが、根気が求められるのは言うまでもなく。紙とペン無しでは、ほとんど不可能に等しいほどだ。

とは言え、言語を理解していないと分からないのはストーリーだけ。ゲームを進めるだけなら、理解する必要は無い。ただ、どうしてこんな展開になったのかが分からず進むので、モヤモヤとした気持ちにさせられる。特に行く先で出会う敵が襲い掛かってきたり、寄り添ってくるのか分からないのは、不気味さすらある。

この二つの特色だけでも、本作が特異なRPGであることは容易に察せるだろう。夜しか遊べない上に、ストーリーも言語の法則を解読しないと分からない。プレイすれば誰もが「なにこれ…」と、困惑すること間違いなしの作りになっているのだ。

ふしぎなちかのせかいです。でも、こわくはないんだよ。

夜だけしかプレイできないだけあって、世界観もそれ相応に不気味。
yorudake_07

イメージ的には深海をモチーフにしていて、背景には海洋生物が行き来しているのだが、いずれも概念的な存在のように描かれているのに加え、図書館、街、森など、海の中に不釣り合いなロケーションが広がる。
yorudake_08

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。