ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目以上に熱い展開目白押しのフリゲSTG『VASTYNEX』。五つの武装を駆使して、変形を繰り返す”ヤツラ”を撃ち落とせ!

なので、少しでも気になったり、「そんなまさか」と思った方はぜひ、騙されたと思ってステージ1をプレイしてみて頂きたい。これまで書いてきたことが決して嘘でないこと、本作がシューティング魂の込められた作品であることを思い知らされるだろう

シューティングゲーム好き爆笑必至のギリギリ過ぎるパロディ

更に本作の見所がギリギリ過ぎるパロディの数々だ。
特にボス戦において、その凄味を”強制的に”思い知ることになる。
vastynex-9

非常に多くのネタが仕込まれているに加え、意外性のある使われ方をしているので、紹介は一部に留めるが、例えば(↑)このボスだ。往年のシューティングゲーム好きなら、「ちょっと待てや!」と言いたくなったと思われる。
だが、これが何であるかの言及は避けよう。それ以上いけない。

更に本作で登場するボスの大半は、段階的に変形する仕掛けを宿している。ボスによっては三段階以上の変形を見せる個体も居て、プレイヤーの意表を突く攻撃を展開してくるのだが、その変形した姿にも驚愕のネタが仕込まれている
vastynex-10

その一例の紹介は一切合切伏せよう。本編でご覧になって頂きたい。
特にステージ3とステージ4のボスは要チェックだ。
ギリギリの極致というものを思い知ることだろう。
フリーゲームだからこそ許された”何か”も痛感させられるかもしれない。

また、パロディはボス戦の先の読めなさを引き立てる仕掛けとしても機能している。パターンが豊富だからこそ、次にどんな姿になって、どのような戦術で攻め込んでくるか分からないドキドキ感があり、それでいて攻撃パターンもボスごとに固有のものが設定されているほど凝っているので、見ているだけでも楽しい。
vastynex-11

先の繰り返しになるが、ボスごとに専用のものが設定された戦闘曲も熱い。体温が自然に上昇するほど、燃えに燃える展開を作り出す。あまりに熱いので、中盤のボスなのに最終ボスと戦っていると錯覚してしまうこともあるぐらいだ。実際に筆者は、ステージ5のボスを倒してエンディング到達と勘違いしてしまった。なんたるこっちゃ。

他にバランス調整もしっかり弾を見切り、時にオプションによる弾消しも活用すればノーミス撃破も狙えるなど、丁寧な仕事が炸裂していて、各戦闘の印象を一層強くしている。

そこまでネタにして大丈夫なのかと、心配になる所もあるが、戦闘自体は非常に面白く、本編で最も盛り上がる場面であるなりのこだわりに満ちた仕上がりだ。元ネタを知らずとも、圧倒的な熱さが込められた仕上がりになっているので、ぜひとも全てのボスと戦って、いい汗をかいてみて頂きたい。きっと市販のシューティングゲームに負けず劣らない”熱”を感じるだろう。

熱いシューティングゲームをお望みなら、今すぐ挑むべき逸品!

vastynex-12

とにかく熱いシューティングゲームであることを重点的に紹介してきたが、やはりこのビジュアルなりに視認性に癖があるのも事実。特に青空、カラフルに表現された基地内部のステージでは敵弾を見失いやすい。一応、配布後にも何度かバランス調整と背景の色合いを調整するアップデートが実施されており、リリース初期よりも確認しやすくなっているが、プレイヤーによっては分かりにくいと感じてしまうかもしれない。詳細は伏せるが、一部、激しい点滅表現(しかも色合い的に危険な類の)が含まれているのも問題ありだ。
vastynex-13

また、難易度選択機能がなく、やや高めの設定であるため、シューティング初心者、苦手なプレイヤーには結構厳しい。ただ、この辺は先のパロディから明らかな通り、意図的にプレイヤーを絞り込んでこうした可能性も考えられるので、一概に悪いとは言い切れない。むしろ、絞り込んだなりの潔さが出ているので、良い部分と言えるだろう。
vastynex-14

そんな人を選別する一面もあれど、完成度は非常に高く、火傷するほど熱い作品に完成されている。主にシューティングゲーム好きほど心に刺さり、且つ腹筋までも刺激してしまう笑いの種が詰め込まれた一本。今もなお、同ジャンルを愛してやまないプレイヤーなら、一度でも遊んでおくべき力作だ。ポップなビジュアルの裏に潜む天元突破なパロディとドラマティックな展開に刮目せよ!こいつは実に侮りがたし!

[基本情報]
タイトル: 『VASTYNEX(ヴァスティネックス)』
制作者:喜撃屋本舗(zakichi)
クリア時間: 30~50分
難易度:中~上級者向け
対応OS: PC(Windows)
備考:一部、激しい点滅表現あり
価格: 無料

ダウンロードはこちらから
http://zakichi.ojaru.jp/vastynex.html

※フリーゲーム夢現(紹介ページ)
https://freegame-mugen.jp/shooting/game_7382.html

関連記事:

“キャラバン時代”のノスタルジー感じるSTG『Image Striker』古典的ながら初心者にもおすすめなバランスが光る
『シューティングゲーム(仮)』で覚えるワンコインクリアの達成感 フリゲで始めるSTG:第2回
フリーゲーム『ムラサキ』。シンプルで楽しい爆発パズル物理アクションがPlayismで配信開始!Steamでの配信も予定

前のページ 1 2
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。