ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目以上に熱い展開目白押しのフリゲSTG『VASTYNEX』。五つの武装を駆使して、変形を繰り返す”ヤツラ”を撃ち落とせ!

近年、個人によるゲーム制作は専用ツールの増大、ゲームエンジンの普及も相まってハードルが下がりつつある。シューティングゲームも2007年頃、個人制作のフリーソフトとして配布された『Shooting GameBuilder(シューティングゲームビルダー)』によってハードルが大きく下がり、誕生から10年以上が経過した現在も継続的なアップデートを実施して機能を拡張し続けているほか、凝った作品も制作されるなどして、支持を得ている。
vastynex-1

今回紹介するフリゲSTG『VASTYNEX(ヴァスティネックス)』もまた、件のシューティングゲームビルダー製の作品だ。制作は個人のWebサイト「喜撃屋本舗」において、多種多様なシューティングゲームを公開・無料配布しているzakichi氏。
2018年1月12日よりステージ3までが遊べる試遊版(Ver.05)を公開し、数度のアップデートを経て、2018年8月22日に終盤のステージを追加した完成版がリリースされた。ダウンロードは先述の個人サイトにて実施することができる。(※「フリーゲーム夢現」からでも「喜撃屋本舗」からダウンロードする形となる)

見た目はポップ。けど、”動くと凄い”シューティングゲーム

内容は横スクロールのステージクリア型シューティングゲーム。自機を操縦して迫り来る敵、ボスとの戦闘を繰り広げながら全6ステージの攻略に挑むというものだ。ジャンルとしては王道の作りである。
vastynex-2

システム周りも五種類の武装ごとに効果の異なるショットを使い分け、戦うという、どこかで見た覚えのある要素を採用。また、いわゆる「ボム」に該当する窮地の打開に役立つ攻撃手段は無し。その分、武装ごとの火力と性能が高めに設定されており、これらを活用して戦うことに重きを置いたゲームデザインになっている。

また、難易度選択機能もない。昨今のシューティングゲームにしては珍しく、一つの難易度で全体が構成されている。更にゲームオーバー後のリトライの度、クレジットを消費する、アーケード由来のシステムも搭載。無限に何度もリトライすることはできない。しかし、クレジットは標準で9とかなり多め。シューティング初心者、苦手な人の場合だと若干話は変わるが、それなりに実力のあるプレイヤーには丁度良く、手慣れていると逆に多すぎると感じる程度に設定されている。
vastynex-3

自機も基本、一発でも敵の弾が被弾すると撃ち落とされてしまうが、三発まで耐えられる「シールド」のアイテムが頻繁に手に入るため、意外に打たれ強い。中盤を越えると、あっても気休めでしかない難易度になるが、展開として違和感のないタイミングなので、理不尽さは希薄。総じて救済措置が無いなりに考慮されたバランスとなっている。

そんな具合に「ザ・正統派」な本作で異彩を放つのがグラフィックだ。ご覧の通りに背景からキャラクターまで、ドット感を強く出したポップなビジュアルになっている。
vastynex4

悪く言うと、視認性が悪そう、動きが堅そう、見栄えが良くないみたいな先入観を持ってしまうビジュアルだ。ドット感を押し出している時点でそれは明らかで、オブラートに包まず言えば、面白くなさそう、地味などと思ってしまうかもしれない。

だが、これが全くそうではない。
非常によく動き、敵や弾の視認も問題なく行えるデザインになっている。
そして、この見た目からは想像も付かないほど、演出がドラマ性に富んでいて熱い!
vastynex-5

プレイヤーと共に敵と戦う仲間が強力な攻撃を受けて全滅してしまったり、敵の大群が四方八方から襲い掛かってくるなど、思わず感情移入してしまう展開が随所で繰り広げられるのだ。バックに流れる音楽もカッコイイ曲が揃っていて、演出の盛り上げに貢献。特にボス戦はまさに山場と言わんばかりの熱さだ。
vastynex-6

ステージによってはスタート時に映画のワンシーンみたいな簡易デモが差し込まれるなど、凝った作り込みが炸裂している。ステージごとの仕掛けも個性豊か且つ、敵のバリエーションも豊富で、プレイヤーを退屈させない。
vastynex-7

当然ながら、ボスを倒した時の爆発表現も申し分なしだ。

ドット感を全面に出したビジュアルを見て、一体、これのどこに「熱さ」があるのかと、疑問に感じてしまうのも無理はない。
だが、実際にプレイすれば、想像以上に熱いシューティングゲームになっていることが分かる。シューティングゲーム好きの心を揺さぶるものが沢山詰まっているのだ。
vastynex-8

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。