ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーシャルロボットもここまできた!複数のパーソナリティを持つフェイススワップロボット「furhat」がスゴイ

人間とのコミュニケーションを目的とするソーシャルロボット。ホームユース製品が多く販売されるなど、ここ数年で開発競争も激化している。「こうなると、次に来るのは、より人に近いタイプだろうな」。そう考えていた矢先に登場したのが、この「furhat」だ。

・逆投影フェイシャルアニメーションシステムで多彩な表情を演出

「furhat」は、ストックホルムのスタートアップfurhat roboticsによる、フェイススワッピングロボット。表情もジェスチャーも、まさに人間そのもの。先端の技術と緻密な計算によって、複雑な感情を表現することに成功した、次世代型コミュニケーションロボットだ。

本体は、マットな質感のマスクと一体となった、ヘッド型ディスプレイ。内蔵された逆投影フェイシャルアニメーションシステムが、多彩な表情を作り出す。マスクは、必要に応じて取り替えが可能。性格やクセをカスタマイズして、個性的なキャラクターを、独自に作成することもできる。

・幅広い場面での活躍に期待

人間のような頭の動きは、3つの角度によって、模倣されたもの。向かい合うユーザーとその周囲に、十分な注意を向けることができる。特筆すべきは、仮想スピーチを実現する2対のHi-Fi 2.5 “スピーカー。ユーザーの声を録音しつつ、自動でロボットの唇に同期できるという画期的なデバイスだ。さらに、30以上の言語と、高品質のテキスト音声変換システムも、サポートしている。コミュニケーションは、高精度な計算モデルに基づく会話型エンジンによって、成り立っている。高度な表現と、レイテンシの少ない対話が可能だ。

「furhat」は、人間社会で重要な役割を果たす、と開発元は考えている。従業員の研修や、偏見のない採用面接、正しいガイドなど、さまざまなシーンで活用できるからだ。現在の導入対象は企業だが、将来的には一般家庭でも利用できるようにしたい、とのこと。その日を、楽しみに待とう。

furhat

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy