ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2019年】着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

久屋のおすすめポイント

・着物関連ならどんなものでも査定をしてもらえる!

・送料・査定・振込手数料は無料!(ただし買取キャンセルの返送料はお客様負担になるので注意)

久屋の評判や口コミ

スクリーンショット 2018-12-03 19.48.39

スクリーンショット 2018-12-03 19.55.38
無料査定1
btn_af002

以上、宅配買取で着物買取の査定をしてもらえる3社でした。

着物買取を満足できる値段や対応で進めたいなら、やはり出張買取や持込買取で対面での買取が安心です。査定員の方に相談をしながら納得した着物買取ができるからです。

出張買取に対応している着物の買取【バイセル】・買取プレミアム・ザ・ゴールド・福ちゃんの4社はどこも着物や帯1枚から出張買取の対応をしてくれます。出張料・査定料・そして買取価格に納得がいかない場合のキャンセル料も無料です。

 

自分では買取してもらえないと思っていたような着物や、汚れやシミがある着物でも実は高値で買い取ってもらえたりする場合がよくあります。まずは一度、お問い合わせは無料なので出張買取の査定をしてもらってみてください!

 

着物の買取相場はどれくらいなのか?

一般的な着物買取の相場として、

訪問着:2,000〜25,000円前後
付け下げ:2,000~10,000円前後
振袖:2,000〜20,000円前後
色留袖:2,000〜10,000円前後
紬:1,000~15,000円前後
黒留袖:2,000〜10,000円前後
小紋:2,000〜10,000円前後
色無地:1,000~15,000円前後

【帯の買取相場】
袋帯:100〜20,000円前後
名古屋帯:100〜20,000円前後

【羽織・道中着・道行】
100円~10,000円前後

着物の状態や柄、色、作家によっても大きく変わってしまいます。紬は産地によって相場が変わり(郡上>牛首>結城、など)、技法では友禅などは人気があるため値段がつきやすいのが特徴です。

 

どんな着物が高価買取になりやすいのか

高価買取のポイント①人間国宝や伝統工芸品の着物

スクリーンショット 2018-10-19 07.05.43

高価買取に繋がりやすい着物は、人間国宝や伝統工芸品の着物だと数十万円の値がつきます。辻が花のような柄が重い着物も高価買取になることが多いです。

高価買取のポイント②証紙のある着物は高価買取に!

スクリーンショット 2018-10-19 07.27.46

反物の端についているラベルのようなものを証紙(しょうし)といいます。糸の細さや産地などが記載されているこちらの証紙ですが、仕立てあがっていても、証紙の部分は戻ってくることが多いです。

スクリーンショット 2018-10-19 07.24.25

上記の泥大島の場合ですが、着物と証紙が一緒であれば買取価格が2万円、ない場合は2千円程度まで下がってしまう場合もあります。

特に人間国宝や伝統工芸品の着物には証紙は必須です。汚れやシミがついてしまうと買取価格が下がってしまうので、もし着られない場合や、作家の着物かどうかわからない着物など、まずは無料査定で値段を聞いてみるのがおすすめです。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy